Nikon Imaging
Japan

 
越沼 玲子 写真展
古くからある山道

会期

2019年2月20日(水) 〜 2019年3月 5日(火) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

2019年3月14日(木) 〜 2019年3月27日(水) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

他を訪れ、ふと山道に入った。山と山の谷間に、石畳が続いている。
かつての、僧の修行の場、剣豪の道、馬で荷を運ぶ道。

枝わかれした道やその周りには、多くのことが詰まっていた。
草木や動物の息づかい、人の想いや信仰、自然と人の関係、
積み重なった年月、力強さと温もり。

その古道には、自然に神を想うものや伝わってきた仏教、色々な信仰が混じる。
人が想いを込めてつくった石仏や石畳は、年月を重ね、より自然に調和してゆく。

神の使いともいう鹿の鳴き声が、あちこちでする。
殺さず、囲いで作物を守る。その下を動物がくぐり抜ける。

何時間も山道を歩くと、自然に畏敬の念を抱き、人の大事さも想う。

そこに漂う気配は、時に
大きな自然や地球、歴史や悠久への繋がりをも感じさせてくれる。
独特の生きるリズムは、人の力も呼び覚ましてくれる気がする。

時が流れ、多くが少しずつ変わってゆく。
そのなかで、大事にすべきものはなにか。
草木や動物とは、人とは、何なのだろう。

(越沼 玲子)

プロフィール

越沼 玲子(コシヌマ アキコ)

1978年 茨城県生まれ

【個展】
2017年 「灯る」 銀座ニコンサロン、大阪ニコンサロン
2014年 「Spirit in Wild ~森の鼓動~」 コニカミノルタプラザ

【受賞】
2014年 コニカミノルタ フォトプレミオ 特別賞受賞