Nikon Imaging
Japan

D850

カメラの機能

ホワイトバランス

光源に合わせて、画像が見た目に近い色で撮影されるようにすることを「ホワイトバランスを合わせる」といいます。初期設定の[オート]でほとんどの光源に対応できますが、撮影した画像が思い通りの色にならないときは、天候や光源に合わせてホワイトバランスを変更してください。

P、S、A、M 以外の撮影モードの場合、それぞれの撮影シーンに適したホワイトバランスが自動的に選ばれます。

ホワイトバランス:オート
ホワイトバランス:蛍光灯
ホワイトバランス:晴天
ホワイトバランス:電球

 オート
カメラが自動的にホワイトバランスを調節します。ほとんどの撮影状況に適しています。

-AUTO0 白を優先する
-AUTO1 標準
-AUTO2 電球色を残す

 自然光オート
 自然光下での撮影に適したホワイトバランスに調整され、AUTO(オート)より見た目に近い色味で撮影できます。

 電球
白熱電球下での撮影に適しています。

 蛍光灯
蛍光灯などの光源を使った撮影に適しています。

 晴天
晴天の屋外での撮影に適しています。

 フラッシュ
フラッシュを使って撮影する場合に適しています。
 
 曇天
曇り空の屋外での撮影に適しています。

 晴天日陰
晴天の日陰での撮影に適しています。

 色温度設定
色温度を直接指定できます。

 プリセットマニュアル
事前に取得したホワイトバランスを使うことができます。



ホワイトバランス AUTO0/AUTO1/AUTO2
 
オート]の場合は、撮影メニューで[AUTO0 白を優先する]、[AUTO1標準]または[AUTO2電球色を残す]から選べます。

ホワイトバランス AUTO0 白を優先する
ホワイトバランス AUTO1 標準
ホワイトバランス AUTO2 電球色を残す
ホワイトバランス AUTO0/AUTO1/AUTO2

AUTO0 白を優先する]は、白い被写体を忠実に白く再現します。D4Sの[AUTO1 標準]相当の調整を行い、薄暗い室内で赤みがかった光が被写体に当たっているような状況でも自動で白いものを白く描きます。ミックス光源下のレストランで白いお皿の上に乗った料理を撮る時や、結婚式で純白のウェディングドレスを白く再現したい時など目的に応じて選択します。

AUTO1 標準]は、その場の光と被写体の色味のバランスが良くなるようにカメラが自動的に補正してくれます。多くの方に好ましい自然な色合いになりますので通常の撮影はもちろん、ポートレートや、自然風景などオールマイティーに使える設定です。

AUTO2 電球色を残す]は、白熱電球などの赤みの強い光源下での撮影時に、その色味が残った暖かみのある画像に仕上がります。見た目に近い色合いになりますので、撮影時の被写体の色味を変えたくない場合や、暖かく優しいムードに仕上げたいときにお勧めです。



ホワイトバランス 自然光オート

自然光オート]は、判別すべき光源をあらかじめ自然光に限定することで、通常の[オート]に比べて自然光下でより適切なホワイトバランスが得られます。光の条件の変化に即したホワイトバランスで、紅葉や夕焼けなどがより見た目に近い印象の画像に仕上がります。

ホワイトバランス 自然光オート
ホワイトバランス AUTO0 白を優先する

手順

WBボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルを回すとホワイトバランスを変更できます。
ホワイトバランスは、表示パネルに表示されます。
ホワイトバランスが (オート)および (蛍光灯)のときに、 WBボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回すと、 (オート)または (蛍光灯)の種類を変更できます。

ホワイトバランス と関連する機能

ここでご紹介したホワイトバランスと関連する機能をご確認いただけます。

D850 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る