Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

撮影のコツ

室内の雰囲気を出して撮る

ホワイトバランス:AUTO1 標準
ホワイトバランス:AUTO2 電球色を残す

室内で撮影したとき、見た目と違う色の写真に仕上がるケースがあります。これはカメラのホワイトバランスが調整できていないために起こる現象です。ホワイトバランスとは、被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整して、白いものを白に近い色に仕上げる機能です。

カメラには「晴天」「曇天」「電球」「蛍光灯」など多様な光源に対応したホワイトバランスの設定が用意されています。しかし、いろいろな光源の混ざった撮影条件では、どれに設定すれば良いか迷うこともあります。そんな時はホワイトバランスのAUTOを使用します。カメラが自動でホワイトバランスのとれた状態に調整します。ホワイトバランスのAUTO2を選択すると電球などの色味を残し暖かい色調に仕上げてくれます。

内蔵フラッシュ
別売スピードライト バウンス撮影

室内の撮影で、十分な光量を得られない場合、内蔵フラッシュのある機種では、フラッシュの使用が手軽です。しかし内蔵フラッシュの光が強いと、周りの雰囲気が失われてしまうことがあります。こんな時は手ブレしない程度まで、シャッタースピードを落としてみましょう。室内の光源を適度に生かすことで、より自然な雰囲気を演出することができます。

また別売のスピードライトを使えば、バウンスを使ったライティングが可能になります。フラッシュヘッドを上向きにして光を天井に反射させると、光が被写体を柔らかく包み込み自然な写真に仕上がります。

室内の雰囲気を出して撮る で使った機能
機能の詳しい説明や操作手順についてご確認いただけます。

D7500 の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る