Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

カメラの機能

光制御AWL

別売のスピードライトを使うとワイヤレス増灯撮影ができます。

アドバンストワイヤレスライティング撮影
内蔵フラッシュ撮影

【アドバンストワイヤレスライティング撮影】

マスターフラッシュ(主灯)は、カメラに装着したSB-910(1台のみ)です。リモートフラッシュ(補助灯)のグループは最大3つ(A、B、C)を設定できます。リモートフラッシュの1グループは1台または複数のスピードライトで設定できます。マスターフラッシュおよびリモートフラッシュの各グループごとに、異なる発光モードや調光補正値を設定できます。

【SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影】

マスターフラッシュ(主灯)は、カメラに装着したスピードライトまたはカメラの内蔵フラッシュが使えます。マスターフラッシュは必ずモニター発光を解除するか、モニター発光しない発光モードに設定してください。リモートフラッシュの発光モードは、リモートフラッシュ側で設定します。リモートフラッシュ同士は同じ発光モードに設定してください。

内蔵フラッシュが無い機種の場合は、ワイヤレススピードライトコマンダー(SU-800)が必要です。

光制御AWL と関連する機能

ここでご紹介した光制御AWLと関連する機能をご確認いただけます。

D7500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る