Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

カメラの機能

画像編集

画像編集メニューでは、SDカード内の撮影済み画像を編集することができます。編集された画像は、元の画像とは別に、新しい画像としてSDカードに記録されます。

 RAW現像
RAWを含む画質モードで記録したRAW画像を、カメラでRAW現像してJPEG画像を作成します。

トリミング
画像の一部を切り抜きます。

 リサイズ
サイズの小さい画像を作成します。

 D-ライティング
画像の暗い部分を明るく補正できます。

 簡単レタッチ
コントラストと色の鮮やかさを高めた画像を簡単に作成できます。

 赤目補正
フラッシュ撮影時の「赤目現象」によって人物の瞳の部分が赤くなってしまった画像を補正できます。

 傾き補正
画像の傾きを±5°の範囲(約0.25°ステップ)で補正できます。

 ゆがみ補正
広角レンズ使用時のたる型のゆがみや、望遠レンズ使用時の糸巻き型のゆがみを補正できます。

 アオリ効果
高層ビルを見上げて撮影したときなどに生じる、遠近感による被写体のゆがみを補正します。

画像編集:アオリ効果
画像編集:元画像

 魚眼効果
フィッシュアイ(魚眼)レンズで撮影したような画像になります。

 フィルター効果
画像全体の色調を演出できます。
• スカイライト:画像の青みを抑えます。
• ウォームトーン:画像を暖色にします。
• クロススクリーン:光源から放射状に光の筋を伸ばします。
• ソフト:画像をソフトな雰囲気に仕上げます。

画像編集:フィルター効果:ソフト
画像編集:元画像

 モノトーン
モノトーンの画像(1種類の色の明暗のみで構成される画像)を作成します。
• セピアはセピア色(褐色)、クールはブルー系のモノトーンの画像になります。

画像編集:モノトーン
画像編集:元画像

 画像合成
RAW画像2コマを重ね合わせて1コマの画像に合成します。このメニュー項目は、MENUボタンを押して、タブのアイコンを選んだときのみ表示されます。

 塗り絵
輪郭を抽出して塗り絵の原画風の画像を作成できます。

 フォトイラスト
輪郭を強調し、色数を減らすことでイラスト風の画像を作成できます。

 カラースケッチ
輪郭を抽出して色をつけることで、スケッチ風の画像を作成できます。

 ミニチュア効果
ミニチュア(模型)を接写したように加工します。ミニチュア効果には、高いところから見下ろして撮影した画像が適しています。

 セレクトカラー
選択した色のみを残し、それ以外の色をモノトーン(白黒)に加工します。

 絵画調
絵画のように色彩やディテールが強調された仕上がりになります。

 動画編集
撮影した動画を編集できます。

 編集前後の画像表示
画像編集を行った画像を、編集元の画像と並べて表示して、画像編集の効果を確認できます。このメニュー項目は、編集元または編集後の画像を1コマ表示してiボタンを押し、画像編集メニューを選んだときのみ表示されます。


D7500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る