Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D7500

カメラの機能

電波制御AWL

電波制御アドバンストワイヤレスライティング(電波制御AWL)とは、カメラに装着したワイヤレスリモートコントローラーWR-R10 を使用して、電波によってリモートフラッシュを制御するライティングシステムです。


電波制御AWLが有効なシーン

電波制御AWL を使用すると、従来の光制御では光らせることが難しかった次のような特長的な3つのシーンでも簡単にフラッシュを光らせることができます。

• 離れた位置にリモートフラッシュを設置する場合
• リモートフラッシュの手前に障害物がある場合
• 日中など、明るい環境でフラッシュを光らせる場合

離れた位置にリモートフラッシュを設置する場合
A. テント内にリモートフラッシュを設置 B. 約30m

離れた場所(約30m)に置いたリモートフラッシュも、安定して接続できます。

リモートフラッシュの手前に障害物がある場合
A. 台の下にリモートフラッシュを設置し、背景のグラデーションを作成

電波で制御しているため、被写体との間に障害物があったり、光の届かない位置にリモートフラッシュを配置してもリモートフラッシュを発光させることができ、リモートフラッシュの位置関係に気を遣わずにすみます。

日中など、明るい環境でフラッシュを光らせる場合
A. 強い逆光下でリモートフラッシュ2台をFP発光

光で制御している場合、強い日差しなどによって光の制御信号が伝わりにくくなることがありました。電波制御AWL を使用すれば、安定して撮影を行えます。

電波制御AWL と関連する機能

ここでご紹介した電波制御AWLと関連する機能をご確認いただけます。

D7500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る