Nikon Imaging
Japan

D500

撮影のコツ

明るくソフトな印象の動画を撮影する

露出補正:0 EV
露出補正:+1.0 EV

逆光の場合や明暗差の大きい場所などで撮影すると、被写体がやや暗めに映ってしまうことがあります。こんな時は、露出補正を使ってみましょう。露出補正を+側に補正すれば、被写体を明るくソフトな印象に表現することができます。

露出補正をする際に、気をつけなければならないポイントは、被写界深度です。露出を+側に補正すると、被写界深度が浅くなるため、動く被写体にピントを合わせるのが難しくなります。露出補正を上手く利用し、イメージ通りの動画撮影をしましょう。

露出補正をするには撮影モードダイヤルをP、S、Aのいずれかに合わせます。露出補正を選んでOKボタンを押すと設定の変更画面が表示されます。被写体を明るくしたい時は+側に、暗くしたい時には-側に補正します。露出補正ボタンを押しながら、コマンドダイヤルを回しても露出補正をすることができます。

明るくソフトな印象の動画を撮影する で使った機能
機能の詳しい説明や操作手順についてご確認いただけます。

D500 の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る