Nikon Imaging
Japan

D500

撮影のコツ

明暗差が大きい時の撮影

アクテイブD-ライティング:しない
アクテイブD-ライティング:より強め

暗い室内から望む明るい景色、このような明暗差の大きい被写体は、目で見るとドラマチックです。しかし実際に撮影してみると、暗部がつぶれたり、明部が露出オーバーになったりと「ちょうど良い」バランスを取るのが難しいケースがあります。そんな「ちょうど良い」表現を生み出すのがアクテイブD-ライティングです。飛びがちなハイライト部の白とびを抑え、つぶれがちな暗部の黒つぶれを軽減してダイナミックレンジの広い画像を写し出してくれます。

明暗差が大きい時の撮影 で使った機能
機能の詳しい説明や操作手順についてご確認いただけます。

D500 の「撮影のコツ」をもっと見る
ページトップへ戻る