Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D500

カメラの機能

ライブビュー

液晶モニターに被写体を表示する機能のことです。
液晶モニターを見ながら撮影することを、ライブビュー撮影といいます。

手順

01. ライブビューセレクターを[静止画ライブビュー]に合わせる
02. ボタンを押す

• ミラーアップしてライブビューを開始します。ファインダー内が暗くなり、画像モニターに被写体が表示されます。
03. フォーカスポイントを被写体に重ねる

• フォーカスポイントの形状はAFエリアモードによって異なります。
04. シャッターボタンを半押しして、ピントを合わせる

• シャッターボタンを半押しすると、ピントが合った時点でフォーカスがロックされます。
• フォーカスポイントは、オートフォーカス作動中は緑色で点滅し、ピントが合うと緑色で点灯します。ピントが合わないと赤色で点滅します。

• 露出を固定(AEロック)するには、サブセレクターの中央を押し続けます。

• ライブビュー時にOKボタンを押すと、図のような露出プレビュー画面に切り替わります。露出プレビューに設定すると、表示されたシャッタースピード、絞り値、ISO感度での撮影で、どのような露出(明るさ)になるのかを画像モニターで確認しながら静止画撮影できます。露出補正は、通常と同じ±5段まで設定できますが、画像モニターで確認できるのは±3段までになります。

05. シャッターボタンを全押しして撮影する

• 撮影時は液晶モニターが消灯します。

06. ボタンを押してライブビューを終了する

ライブビュー と関連する機能

ここでご紹介したライブビューと関連する機能をご確認いただけます。

D500 の「機能」をもっと見る
ページトップへ戻る