Close

Professional World

Close
画力一新。描写の限界を超えた3635万画素。
ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最高画質を手に入れた「D810」。有効画素数3635万画素を実現した全く新しいニコンFXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジンEXPEED 4との連携が、静止画、動画とともに、新たな撮影領域を切り拓く。常用感度ISO 64から12800の全域で、鮮鋭感が高く階調性が豊かなクリアーな画像を実現。FXフォーマットで約5コマ/秒の連続撮影は、より多様な状況での高画素撮影を容易にする。静と動、明と暗を問わず、フィールドを問わず、あらゆるものを克明に描き切る卓越した道具として、D810は、常に最高の画質を追求する表現者の、大きな期待に応える。
D810
Close
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
開放F値が2.8で一定の、描写力に優れた大口径ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Close
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
大口径ならではの美しさが味わえる標準ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Close
Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D
遠景から近景まで、シャープに捉えるFX魚眼レンズ。対角線魚眼レンズならではの写真表現(デフォルメ効果)が得られるのはもちろん、普遍的な優れた光学性能により、安定した高画質が得られます。4種類の後部バヨネット式専用フィルターで多様なフィルターワークも楽しめます。
Close
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
解像の素晴らしさとVR が魅力の超広角ズームレンズ。 FXフォーマット時、画角107°の超広角域から63°の標準的な広角域まで、広い画角範囲をカバーする超広角ズームレンズ。薄暗い室内や夕景を、手ブレを気にせず撮影できるVR機構(手ブレ補正効果2.5段※)が、手持ちによる広角撮影の可能性を広げます。
CIPA 規格準拠。ただし、FX フォーマット対応レンズはFX フォーマットデジタル一眼レフ使用時、DX レンズはDX フォーマットデジタル一眼レフ使用時。ズームレンズは最も望遠側で測定。
Back
+

●カメラ:D810 ●レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:絞り優先オート、1/15秒、f/11 ●ホワイトバランス:晴天
●ISO感度:64 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D810 ●レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:マニュアル、10秒(電子先幕シャッター)、f/2.8
●ホワイトバランス:プリセットマニュアル ●ISO感度:3200 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D810 ●レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:絞り優先オート、1/200秒、f/6.3 ●ホワイトバランス:晴天
●ISO感度:200 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D810 ●レンズ:Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:絞り優先オート、1/2000秒、f/9 ●ホワイトバランス:晴天
●ISO感度:400 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D810 ●レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:絞り優先オート、1/250秒、f/5.6 ●ホワイトバランス:晴天
●ISO感度:400 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

自然がつくるハワイアンキルト。 ハワイ島の北東部にある植物園を訪れた。ヤシの木や色鮮やかな花が熱帯らしさを醸し出すなか、ふと下を見ると、一面がシダなどの葉に覆われ、その上に木漏れ日がぱらぱらっと降り注いでいた。葉のカタチや色合い、重なり具合がなんとも言えず美しい。ハワイアンキルトのパターンのような画を撮りたいと思い、D810の描写力に期待しながらシャッターを切った。驚くほどの精細さ。一枚一枚の葉が先にいくほど細かく分かれている様子までリアルに描き出されている。アップにしなければ違いはわからないのかもしれない。でもこの差こそが、見る人の心に訴えかけるのだと思う。
地球の鼓動、宇宙の煌めき。 ハワイの魅力は何か。いろいろあるけど、一つは自然の多様性だと思う。ハワイ島では、こうした火口なども目の当たりにでき、地球の鼓動を実感できる。山の上で空気が澄んでおり、夜空には無数の星が煌めいている。天の川も美しかったので、火口の上空に広がるようなイメージで構図を決めた。いつもなら三脚とレリーズを使って撮影するのだけど、今回はD810の電子先幕シャッターを利用してみた。通常は気づかないレベルだけど、拡大するとわずかなブレが抑えられているのがわかる。ここまでの高画質でなければわからない世界。高画質であるからこそ、ひとつ上の表現ができるのだろう。
カウアイの歴史を、写真に刻む。 カウアイ島は、ハワイ諸島の中で最初に誕生したといわれる島。途方もなく長い年月の中で、雨や風に大地が削られ、このような独特の地形がつくり出された。撮影したのは夕方近く。切り立つ岩壁に斜光が当たって、立体感が強調される時間帯を狙った。D810なら、岩肌を覆う緑を緑として捉えるのではなく、植物が重なり合って多彩な緑や陰影が生まれている様子まで写し出してくれるはず。そんな僕の期待に見事に応えてくれた。
イルカとブルーのハーモニー。 ハワイ島のコナ近くの海。ふだんはタンクを背負って潜ると泡を嫌がって、イルカはあまり近づいてこないのだけど、この日はたくさんのイルカが遊びに来てくれた。僕の目の前1メートルくらいをイルカの親子が泳いでいく。いっしょに泳ぎながら、グループエリアAFでピントを素早く合わせシャッターを切った。太陽をバックにした難しいアングルでもD810なら問題ない。ブルーだけの世界に、淡い色から濃い色までの美しいグラデーションで深みをもたらしてくれる。イルカのシルエットもつぶれず描写されているのは、さすが。
まったりとした、いつもの夕暮れ。 ハワイ島のヒロは観光客があまり訪れない、しっとりと過ごせるエリア。この水辺にも地元の人がやってきて、泳いだり釣りをしたり、思い思いの時間を過ごす。とくに夕暮れ時はゆるやかな時間が流れていて、とても雰囲気がいい。特別に美しい夕暮れじゃない、ふだんのなにげない夕暮れを撮りたいと思いシャッターを切った。D810は僕の気持ちに応えてくれたかのように、まったりとした空気感まで写してくれる。水辺に映りこんだヤシや雲も、絵画のようなやわらかいタッチで描き出されている。改めて、D810の懐の深さを実感した。
  • 使用カメラ
  • 使用レンズ
2014 Nikon Corporation / Nikon Imaging Japan Inc.