Close

Professional World

Close
その先の世界へ誘う。全方位プロフェッショナル性能。 プロたちの高い要望に応えるために誕生した「D4S」。D4をベースに、厳しい撮影条件下で必要とされるさまざまな機能を見直した。たとえば、高速かつ予測しにくい動きの被写体を思い通りに捉えるため、AFの捕捉性能と追従性能を強化。画質においても、新画像処理エンジン「EXPEED 4」、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーにより、従来よりも高い鮮鋭感と立体感、自然な肌のトーンを実現。常用感度域はISO 100からISO 25600となり、全域でさらにシャープなラインとざらつきの少ない美しい色の描写が可能になった。新たな世界を切り拓くことを宿命づけられたカメラ。それが、ニコンの最高峰D4Sである。
D4s
Close
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
望遠から超望遠までをカバーするVR付き5倍望遠ズームレンズ。焦点距離80mmから400mmまでの広い望遠域をカバーする、5倍望遠ズームレンズです。高い光学性能を発揮するスーパーEDレンズのほか、ゴースト、フレアーを低減するナノクリスタルコ-トを採用。VR機構(手ブレ補正効果 4.0段※)とあいまって、超望遠撮影で鮮明な画像が得られます。また、クラス最高レベルのAF速度も実現しています。※CIPA規格準拠。ただし、FXフォーマット対応レンズはFXフォーマットデジタル一眼レフ使用時、DXレンズはDXフォーマットデジタル一眼レフ使用時。ズームレンズは最も望遠側で測定。
Close
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
開放F値が2.8で一定の、描写力に優れた大口径ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Close
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
大口径ならではの美しさが味わえる標準ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Close
Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D
遠景から近景まで、シャープに捉えるFX魚眼レンズ。対角線魚眼レンズならではの写真表現(デフォルメ効果)が得られるのはもちろん、普遍的な優れた光学性能により、安定した高画質が得られます。4種類の後部バヨネット式専用フィルターで多様なフィルターワークも楽しめます。
Back
+

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 
●画質モード:14ビットRAW(NEF) ●撮影モード:マニュアル、25秒、f/2.8 ●ホワイトバランス:プリセットマニュアル 
●ISO感度:3200 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D4S ●レンズ:Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 
●画質モード:14ビットRAW(NEF)+FINE(JPG) ●撮影モード:マニュアル、1/250秒、f/8 ●ホワイトバランス:晴天 
●ISO感度:200 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 
●画質モード:14ビットRAW(NEF)+FINE(JPG) ●撮影モード:絞り優先オート、1/1600秒、f/7.1 
●ホワイトバランス:晴天 ●ISO感度:400 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D4S ●レンズ:Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 
●画質モード:14ビットRAW(NEF)+FINE(JPG) ●撮影モード:マニュアル、1/250秒、f/11 ●ホワイトバランス:晴天 
●ISO感度:400 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
●画質モード:FINE(JPG) ●撮影モード:絞り優先オート、1/320秒、f/9 ●ホワイトバランス:晴天 
●ISO感度:200 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

ヤシの木陰で、星空を眺めながら。今回訪れたのは、フィリピンのセブ島。ヤシの木陰で心地よい風にあたりながら、海と星空を眺めている。そんな至福のひとときを届けたいと思い、そこでリラックスしている人の目線を意識して、ポジショニングを決めた。ヤシの葉や海が明るくみえているのは、遠くにある灯りの影響。あえて活かすことで、全体のアクセントにしている。通常、感度を上げると画質が粗くなるけれど、D4Sはそれがほとんどない。こういう写真を撮る僕らにとって、最高の贈り物だと思う
色鮮やかな、海の森。豊かな生態系を育むサンゴを森に見立て、そこにカラフルな魚たちが暮らす様子を切りとった。水中は浮遊物があるので、近寄って撮らないとクリアーに写らない。光のあて方にも工夫が必要で、魚眼レンズで数十センチの距離まで近寄り、二灯のフラッシュを使って撮影している。背景はブルーのグラデーションを美しくみせるため、太陽を半分入れ込むようにフレーミング。細部までシャープな画質やなめらかなグラデーションは、D4Sだから描き出せた世界なのだろう。
南国のなかの南国。僕は南国や島がとにかく好きで、ブルーのグラデーションやヤシの木、南国の花や緑を見るとつい撮ってしまうのだけど、ちょうどそのすべてがそこにはあった。花は近寄って撮るのが一般的だけど、この全体の色合いが醸し出す南国らしい気分を描くため、あえて80-400mmのズームレンズを使用している。グラデーションの入り方や、ヤシの木のぼかし方を考えると200mmでもダメで、400mmに近いズームで撮影した。全体をぼかした中でも、ピントをあわせた雄しべはパキッと描き出されている。このシャープな表現力は、さすがD4Sといったところ。
水中を舞う、イワシの群れ。ときには小さくギュッと集まったり、ふーっと長くのびたり。イワシの群れのダイナミックな動きを、背景のグラデーションも計算しながら、さまざまなアングルから狙った。群れの手前のほうは黒く見えてしまうので、表面に軽くフラッシュをあてることで、イワシを白飛びさせず、奥行き感も表現している。小さなイワシが1匹1匹しっかり描写されていることだけでなく、大胆に動き回るイワシの群れをしっかり捉えるフォーカスの正確さもD4Sの魅力だと感じた。
南の島に、夕暮れの虹。南の島ではよくある風景なのだけど、夕方スコールになって、雨を降らせた雲が遠ざかり、やがて虹が出る。そうした夕暮れ時の一場面を切りとった作品。虹があることにより、手前の雲と奥の雲の奥行き感をうまく演出でき、雲が遠ざかっていく一連の流れを表現できたと思う。カメラのレンズを通して立体感を表現するのは難しいのだけど、D4Sの画質の良さやシャープな表現力が細やかなグラデーションを描き出し、微妙な立体感を出せているのだろう。
  • 使用カメラ
  • 使用レンズ
2014 Nikon Corporation / Nikon Imaging Japan Inc.