Close

Professional World

Close
その先の世界へ誘う。全方位プロフェッショナル性能。 プロたちの高い要望に応えるために誕生した「D4S」。D4をベースに、厳しい撮影条件下で必要とされるさまざまな機能を見直した。たとえば、高速かつ予測しにくい動きの被写体を思い通りに捉えるため、AFの捕捉性能と追従性能を強化。画質においても、新画像処理エンジン「EXPEED 4」、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーにより、従来よりも高い鮮鋭感と立体感、自然な肌のトーンを実現。常用感度域はISO 100からISO 25600となり、全域でさらにシャープなラインとざらつきの少ない美しい色の描写が可能になった。新たな世界を切り拓くことを宿命づけられたカメラ。それが、ニコンの最高峰D4Sである。
D4s
Close
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
望遠から超望遠までをカバーするVR付き5倍望遠ズームレンズ。焦点距離80mmから400mmまでの広い望遠域をカバーする、5倍望遠ズームレンズです。高い光学性能を発揮するスーパーEDレンズのほか、ゴースト、フレアーを低減するナノクリスタルコ-トを採用。VR機構(手ブレ補正効果 4.0段※)とあいまって、超望遠撮影で鮮明な画像が得られます。また、クラス最高レベルのAF速度も実現しています。※CIPA規格準拠。ただし、FXフォーマット対応レンズはFXフォーマットデジタル一眼レフ使用時、DXレンズはDXフォーマットデジタル一眼レフ使用時。ズームレンズは最も望遠側で測定。
Close
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
開放F値が2.8で一定の、描写力に優れた大口径ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Close
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
大口径ならではの美しさが味わえる標準ズームレンズ。開放F値は明るい2.8で一定。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアーの少ないクリアーな画像が得られます。
Back
+

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
●画質モード:FINE(JPG)●撮影モード:絞り優先オート、1秒、f/16、-0.5補正 ●ホワイトバランス:色温度(4360K)
●ISO感度:100 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
●画質モード:FINE(JPG) ●撮影モード:絞り優先オート、1.5秒、f/11、-1補正●ホワイトバランス:色温度(4550K)
●ISO感度:100 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
●画質モード:FINE(JPG)●撮影モード:絞り優先オート、6秒、f/11、+1補正 ●ホワイトバランス:色温度(4360K)
●ISO感度:100 ●ピクチャーコントロール:ビビッド

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
●画質モード:FINE(JPG) ●撮影モード:絞り優先オート、1/10秒、f/11、-1.5補正 
●ホワイトバランス:色温度(4000K) ●ISO感度:1600 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

●カメラ:D4S ●レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
●画質モード:FINE(JPG) ●撮影モード:絞り優先オート、1/6秒、f/8、+1補正 
●ホワイトバランス:色温度(5000K) ●ISO感度:200 ●ピクチャーコントロール:スタンダード

光と水の、神聖なるコントラスト。古くより春日大社の神山として崇められてきた春日山原始林を訪れた。深い森に漂う神聖な空気感を伝えたいと思った私は、この森を流れる「鶯の滝」に、真上から光が降り注ぐシーンを思い描き、D4Sとともにその時を待った。やがて、雲の切れ間からやわらかな木漏れ日が差し込んできた。ゆっくりとシャッターを切る。光が水に透過する様子や、絹糸のようになめらかな水の流れを、やわらかさとシャープさの絶妙なバランスで、D4Sは描き出した。ハイライトからシャドー部までのなめらかなグラデーションは、このカメラならではだろう。画像を拡大しても、濡れた岩肌の質感がリアルに再現されていたのには驚かされた。
雨に映える、つややかな緑。初日の撮影は雨だった。滝の近くに生い茂るシダの葉も雨に濡れ、つややかな緑色をまとっていた。自然と目が引き寄せられる。この濡れた葉の美しい質感を象徴的に表現したいと思い、対角線上に滝を配置した奥行きのある構図に。スローシャッターで滝をふわっとした印象に描き出し、手前のシダのパキッとした描写と対比させた。超広角レンズでぐっと近寄り、絞りを絞ることで奥行き感も強調している。D4Sは、シダの美しいツヤはもちろん、その下の落ち葉まで鮮鋭に写し出した。岩や葉の陰、コケの質感など、見た目以上に描写してくれるのが、D4Sの凄みであり、おもしろさでもある。
漆のように、黒く光る岩肌。このカメラは、岩肌の濡れた質感を驚くほどリアルに表現してくれる。そんな喜びが、新たな創作意欲をかき立ててくれた。いかに印象深く、この美しい岩肌を伝えることができるのか。硬い岩が水に濡れて光ることで、どこかなめらかな雰囲気を感じさせる。やわらかい水の質感と対比させることで、この質感のおもしろさを際立たせることができるのでは?そうして、ひとつの作品として完成されていく。なめらかな光沢により、黒い岩が、より魅力的な黒に。まるで、塗ったばかりの漆のような質感に描くことができた。
揺るぎない大木。春日山原始林は、市街地の近くにあるのにもかかわらず、屋久島の山奥でみられるような大きな杉が点在している。この木の圧倒してくるような堂々とした雰囲気を表現するために、シンメトリーな構図に決め、下の方からあおるように撮影した。前日からの雨風が激しく、折れた杉の枝がいくつも根元付近に重なり合っていたので、構図のポイントとして活かすことに。ただ、この日も風が強く、杉の葉がブレないようにするためには、できるだけシャッター速度を上げなければいけない。ISO感度は400くらいが限度だと思っていたが、D4Sの場合は1600まで上げても、葉についた水滴の質感も緻密に描写することができた。
霧につつまれた、深遠な森。雨が降り、あたり一面に霧が立ち込めていた。わずか10分程度、森に入ったところで見上げた大木。そこには、まるで何時間も歩いてたどり着いた森の中のように神秘的な世界が広がっていた。コケむした大木のシルエットを中心に据えることで、画面全体を引き締める構図に。光がにじんでいるような明るい雰囲気にするために、プラス補正とした。驚いたのは、大木のシャドー部がつぶれずディテールまで美しく描写されていたこと。写真ではここまでは写らないとあきらめていたものが、表現される。D4Sは、撮る喜びを改めて感じさせてくれるカメラだと思う。
  • 使用カメラ
  • 使用レンズ
2014 Nikon Corporation / Nikon Imaging Japan Inc.