Professional World

profile
profile 58年徳島生まれ、85年初めての写真集「RAKUEN」で木村伊兵衛賞を受賞。以降「楽園」をテーマにタヒチ、モルディブ、ハワイをはじめ世界各地で撮影。その後も南国だけでなくサハラ、ヒマラヤ、チベットなどにも「楽園」を求めて撮影。その多くは写真集として発表。「巡る楽園 四国八十八ヶ所から高野山へ」で、第四回藤本四八写真文化賞を受賞。近年は伊勢神宮、屋久島、仏像など日本での撮影も多い。近著は「京都の御所と離宮」(朝日新聞出版)。日本の世界遺産を撮った作品は国際交流基金により世界中を巡回中。2014年4月からニッコールクラブ顧問。
三好和義の世界 Professional World
いつの頃からか、写真の品格というものを特に大切にするようになった。人の目を引くことよりも、格調高い作品を撮ること。いろいろな物語や歴史を感じさせるような、奥行きのある一枚の写真だ。その場に静かにたたずんで、自分のなかで思いを巡らせながら、一枚ずつていねいにシャッターを切っていく。次は、このアングルから撮ってみよう。この部分を強調するような構図にしてみよう。いくつもの可能性を追求しているうちに気持ちはどんどん高まっていき、一枚の写真はやがて、ひとつの作品へと昇華されていく。
  • vol.1 春日山原始林 more
  • vol.2 室生寺 more
  • vol.3 屋久島 more
Professional World 三好和義とニコン
2014 Nikon Corporation / Nikon Imaging Japan Inc.