読み込み中です。

Dialog example

This is dummy copy. It is not meant to be read. It has been placed here solely to demonstrate the look and feel of finished, typeset text. Only for show. He who searches for meaning here will be sorely disappointed.

Photographer :三好 和義 ( みよし かずよし ) 

58年徳島生まれ、85年初めての写真集「RAKUEN」で木村伊兵衛賞を受賞。以降「楽園」をテーマにタヒチ、モルディブ、ハワイをはじめ世界各地で撮影。その後も南国だけでなくサハラ、ヒマラヤ、チベットなどにも「楽園」を求めて撮影。その多くは写真集として発表。「巡る楽園 四国八十八ヶ所から高野山へ」で、第四回藤本四八写真文化賞を受賞。近年は伊勢神宮、屋久島、仏像など日本での撮影も多い。近著は「京都の御所と離宮」(朝日新聞出版)。日本の世界遺産を撮った作品は国際交流基金により世界中を巡回中。2014年4月からニッコールクラブ顧問。

Photographer :熊切 大輔 ( くまきり だいすけ ) 

東京生まれ。東京工芸大学を卒業後、日刊ゲンダイ写真部に入社。その後、フリーランスの写真家として独立。広告や雑誌媒体などでドキュメンタリー・ポートレート・食・舞台など「人」が生み出す瞬間・空間・物を撮影対象に幅広い分野で活動中。月刊誌日本カメラでは「テストリポート」を連載中。ニコンカレッジ講師をはじめ様々な写真講師を務める。個展は「演じるコト-俳優 石丸幹二の1年-」「TOKYO ZOO」「浅草ラプソディ」を開催。カメラグランプリ選考委員。公益社団法人日本写真家協会会員。

Photographer :河野 英喜 ( こうの ひでき ) 

広告・ファッション誌を中心に活躍する傍ら、近年では女優や俳優、各界のアーティストなどを主軸に撮影する。またタレント、声優のグラビアページや写真集書籍なども多数手掛ける。写真専門雑誌や写真教室などで撮影指導、写真審査、執筆など幅広い活動もしている。

Photographer :星野 佑佳 ( ほしの ゆか ) 

京都市生まれ。写真家・フォトエッセイスト。同志社大学法学部卒業。2000年から海外や日本全国を放浪しながら撮影を始める。2005年より地元である京都の風景や風物詩の撮影を手掛ける。また、2008年からの京都市運営の海外向け観光案内サイト「Kyoto Travel Guide」に画像を提供。写真担当書籍に「京暦365日」、「旧暦びより」、「京都12ヶ月」などがある。

Photographer :上田 晃司 ( うえだ こうじ )

米国サンフランシスコに留学し、写真と映像を学びながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを作成。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フォトグラファーとして活動を開始。雑誌、広告を中心に、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影。近年は、講演や執筆活動も展開。主な著書に「写真が上手くなるデジタル一眼基本&撮影ワザ」、「写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101」「オールドレンズの奇跡」などがある。ニコンカレッジの講師も務める。

Photographer :中井 精也 ( なかい せいや )

1967年、東京生まれ。鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として独自の視点で鉄道を撮影し、「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。2004年春から毎日1枚必ず鉄道写真を撮影するブログ「1日1鉄!」を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動している。株式会社フォート ナカイ代表。著書・写真集に「1日1鉄!」、「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」「DREAM TRAIN」(インプレス)、「ゆる鉄」(クレオ)などがある。
2015年講談社出版文化賞・写真賞受賞、2015年日本写真協会、新人賞受賞、甘党。

Photographer :織作 峰子 ( おりさく みねこ )

1960年石川県生まれ。1981年ミスユニバース日本代表、1982年大竹省二写真スタジオに入る。1987年独立。2004年大阪芸術大学写真学科助教授就任。2006年大阪芸術大学写真学科教授に就任、女性の優しい視線で世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続けている。国内外で写真展を多数開催するかたわら、テレビや講演に幅広く活躍中。

Photographer :加藤 健志 ( かとう けんじ )

1963年 横浜市生まれ。カンダスタジオでコマーシャルフォトを学びフリーとなる。1999年より本格的に航空撮影に取り組み、空撮時間は7700時間を超え年間250日以上を飛ぶ。2006年「空に魅せられて」、2009年「日本の空から」の写真展を全国で開催。まだ見ぬ素晴らしい日本の風景を求め空から撮り続けている。

Photographer :山口 規子 ( やまぐち のりこ )

栃木県足利市生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、出版社の文藝春秋写真部に入社。その後独立、女性ファション誌や旅行誌を中心に活躍。透明感のある独特な画面構成や1つのものが出来上がるまでのドキュメンタリー写真に定評がある。『イスタンブールの男』で第2回東京国際写真ビエンナーレ入選、『路上の芸人たち』で第16回日本雑誌写真記者会賞受賞。著書に1つのホテルが出来上がるまでを記録したドキュメンタリー『メイキング・オブ・ザ・ペニンシュラ東京』(文藝春秋)、『奇跡のリゾート 星のや竹富島』(河出書房新社)や東京お台場に等身大ガンダムが出来上がるまで撮影した『Real-G 1/1scale GUNDAM Photographs』(集英社)などがある。また『嵐山吉兆 春・夏・秋・冬の食卓』、『嵐山吉兆 男子の台所』『酒のつまみ』『野菜のおすし』『おいしい節約保存食』『ハワイアン・レイメイキング しあわせの花飾り』『物の捨て方 のこし方』『他郷阿部家の暮らしとレシピ』など料理や暮らしに関する撮影書籍が多数。旅好き。猫好き。チョコレート好き。公益社団法人日本写真家協会会員。

Photographer :中野 耕志 ( なかの こうじ )

1972年神奈川県生まれ。野鳥や飛行機の写真を得意とし、野鳥・航空の専門誌や広告などに作品を発表する。”Birdscape~鳥のいる風景”と”Jetscape~飛行機のいる風景”を2大テーマに国内外を飛び回る。D7100およびNikon1 V3のカタログ撮影を手がけた。