かんたんに上手く撮る

発光禁止オート

初めての一眼レフならまずは[オート(発光禁止オート)]で撮ってみましょう。
シャッターをきるだけで、カメラまかせでかんたんにきれいに撮影できます。
設定は、撮影モードダイヤルをオートに合わせるだけ。
難しい設定は苦手…
そんなあなたにぴったりな撮影モードです。

発光禁止オート 発光禁止オート
オートモード

撮影モードのオートには、[オート[発光禁止オートのふたつがあります。[オート]に設定していると、フラッシュを光らせたくないときもカメラが逆光や、暗いと感じると、自動でフラッシュを作動させてしまうことがあるので、野球撮影では[発光禁止オート]がおすすめです。

連写でベストショットを手に入れる

D5600は1秒間に約5枚の連写ができます。連写で撮れば、その中にベストショットが見つかる可能性大。「今だ!」と思う瞬間を見つけたら、連写を使ってシャッターを迷わずきり続けましょう。

連写でどんどん撮るなら速いカードを

連写で撮り続けると、メモリーカードの記録に時間がかかって、次を撮りたくてもシャッターがきれないことがあります。シャッターチャンスを逃さないためには、容量が大きく、書き込みスピードが速いカードを選ぶと安心です。

スマートフォンのカメラと一眼レフではこんなに写り方が違う

一眼レフとスマートフォンで撮った写真の違いはなんといってもその画質。大きな撮像素子を持つデジタル一眼レフは、光の情報をたくさんカメラに取り込むことができるので、遠いところや、暗いところでも鮮明に写すことができるんです。大好きな選手をきれいに大きく撮るなら断然D5600です!

スマートフォン めいっぱいズームしても、小さいし、画質も粗い

D5600 ズーム最大の300mmで撮影。大きくて、画質もきれい

スマートフォン めいっぱいズームしても、暗くて小さい。選手の表情もほとんどわからない

D5600 ズーム最大の300mmで撮影。うす暗いベンチ内でも選手の表情まできれいに写る

[オート]でここまで
きれいに撮影できる

 

 

 

 

PAGETOP