Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.
ここから本文です。
機能と特長

主な仕様

アクセサリー

撮影画像サンプル

外観図

3D


主な仕様




型式

モーター内蔵35mm一眼レフレックス電子制御式フォーカルプレーンシャッターオートフォーカスカメラ

露出制御

P:プログラムオート/S:シャッター優先オート/A:絞り優先オート/M:マニュアル

画像サイズ

24 × 36 mm

レンズマウント

ニコン F マウント(AFカップリング、AF接点付)

交換レンズ

・D・GタイプAFニッコール:フル機能使用可
・PCマイクロ85mmF2.8D:オートフォーカスおよび露出モード(P、S、A)を除く機能使用可(あおり操作時を除く)
・D・Gタイプ以外のAFニッコール:3D-10分割マルチパターン測光、3D-マルチBL調光を除く機能使用可(TC-16AS・A3AF用AFニッコールは使用不可)
・Ai‐Pニッコール:3D-10分割マルチパターン測光、3D-マルチBL調光およびオートフォーカスを除く機能使用可
・非CPUレンズ:露出モードはA、Mモードで可(P、SはAへ自動切り換え)、測光モードは中央部重点測光およびスポット測光で使用可(マルチパターン測光は中央部重点測光へ自動切り換え)、開放F値がf5.6以上明るい場合フォーカスエイド可

ファインダー

アイレベル式ペンタプリズム使用、視度調節機構内蔵(-3~+1m-1)

アイポイント

21mm(-1.0m-1のとき)

ファインダースクリーン

専用 B 型クリアマットスクリーン、他に別売の専用E型(方眼マット式)と交換可能

ファインダー視野率

約96%(対実画面)

ファインダー倍率

約0.70倍(50mmF1.4レンズ・∞・-1.0m-1のとき)

ファインダー内表示

ピント表示、測光モード表示、シャッタースピードロックマーク、AEロック表示、シャッタースピード表示、絞りロックマーク、絞り表示、露出モード表示、露出インジケーター、露出補正マーク、フィルムカウンター/露出補正値表示、レディライト、フォーカスフレーム(エリア)5点

ミラー

クイックリターン式

レンズ絞り

瞬間復元式、プレビューボタン付

オートフォーカス

TTL位相差検出方式、マルチCAM1300オートフォーカスモジュールにより検出
検出範囲:EV-1~+19(ISO100・常温20℃)


レンズサーボ

シングルAFサーボ(S)、コンティニュアスAFサーボ(C)、マニュアルフォーカス(M)
シングルAFサーボ(S)、コンティニュアスAFサーボ(C)では、被写体条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行


フォーカスエリア

5箇所のフォーカスエリアの中から1箇所を選択可能

AFエリアモード

シングルエリアAFモード、ダイナミックAFモード(至近優先ダイナミックAF機能付)

フォーカスロック

AE/AFロックボタン、または、シングルAFサーボ(S)時シャッターボタン半押しにて可能

測光方式

TTL開放測光方式、マルチパターン測光/中央部重点測光/スポット測光切り換え可能
・マルチパターン測光:D・GタイプAFニッコール使用時は3D-10分割マルチパターン測光が可能、D・Gタイプ以外のCPUレンズ使用時は10分割マルチパターン測光が可能
・中央部重点測光:約直径12mm相当を測光(中央部重点度約75%)
・スポット測光 :約直径 4mm相当を測光(全画面の約1%)、CPUレンズ装着時フォーカスエリアに連動して測光位置可動


測光範囲

マルチパターン測光 EV0~21
中央部重点測光 EV0~21
スポット測光 EV3~21
(常温20℃、ISO100、F1.4レンズ)


露出計連動

CPU連動方式、Ai方式併用

露出補正

±5段の範囲で1/3段ステップで補正可能、補正中はファインダー内表示及び表示パネルに露出補正マークを表示

AE ロック

AE/AFロックボタンによるBVメモリー方式

オートブラケティング

撮影枚数=2コマまたは3コマ、補正ステップ=1/3、1/2、2/3、1段ステップで可能

フィルム感度設定

DX方式、マニュアルのいずれも可能(マニュアル優先)

フィルム感度連動範囲

DX時・ISO25~5000、マニュアル時・ISO6~6400(1/3段ごとにセット可能)

シャッター

電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター

シャッタースピード

P、Aモード時:30~1/8000秒
Sモード時:30~1/8000秒〈1/3段ステップ〉
Mモード時:30~1/8000秒〈(1/3段ステップ〉、buLb


シンクロ同調

・X接点(半導体方式)1/250秒以下の低速シャッタースピードでスピードライトに同調
・SB-80DX・28・28DX・27・50DX・30・26・25・23・22s等の場合、1/320~1/8000秒に設定してあるときは1/250秒に自動切り換え
・SB-80DX・28・28DX・26・25のFP発光モードでは、1/250~1/4000秒の高速シャッタースピードに同調


スピードライトの調光方式

TTL自動調光5分割センサー一体型ICによる以下の調光制御
・マルチエリアBL調光:SB-80DX・28・28DX・27・50DX・26・25とD・GタイプAFニッコールの組み合わせにより3D-マルチBL調光可能。SB-80DX~20等とF3AF用を除くD・Gタイプ以外のAFニッコール/Ai-Pニッコールの組み合わせ時にはマルチBL調光可能
・簡易TTL-BL調光:SB-80DX~20等と非CPUレンズとの組み合わせ時は、中央部重点測光による簡易TTL-BL調光可能
・TTL調光時のフィルム感度連動範囲:ISO25~1000


シンクロモード

先幕シンクロ・赤目軽減・赤目軽減スローシンクロ・スローシンクロ・後幕シンクロが設定可能

レディライト

SB-800・80DX・28・28DX・27・50DX・30・26・25・23・22s等使用時に充電完了で点灯、フル発光による露出警告時は点滅警告

アクセサリシュー

シュー(ISO518):シンクロ接点、レディ信号接点、TTL調光ストップ信号接点、モニター信号接点、GND付、セーフティロック機構(ロック穴)付

シンクロターミナル

シンクロターミナル(ISO519)、外れ防止ネジ付

セルフタイマー

電子制御式、作動時間約10秒

プレビュー

プレビューボタンにより絞込み可能、A・Mモードでは設定絞り値まで絞り込み可能、P・Sモード時は制御絞り値まで絞り込み可能

フィルム装填

順巻式イージーローディング、レリーズボタン操作によりフィルムカウント1まで自動空送り(シャッター、ミラーは不作動)

フィルム巻き上げ

内蔵モーターによる自動巻き上げ、S、C、Cs切り換え可能
巻き上げ速度(コンティニュアスAFサーボ(C)、1/250秒以上、36EX平均値)
S:1コマ巻き上げ
C:連続巻き上げ
約4.5コマ/秒(単3形アルカリ乾電池4本使用時)
約5コマ/秒(マルチパワーバッテリーパックMB‐15使用時)
Cs:低速連続巻き上げ
約3コマ/秒(単3形アルカリ乾電池4本使用時)
約3コマ/秒(マルチパワーバッテリーパックMB‐15使用時)


フィルム巻き戻し

内蔵モーターによる自動巻き戻し(2つの巻き戻しボタン操作による)巻き戻し時間(36EX):約9秒(単3形アルカリ乾電池使用時)、/フィルム給送モードCs時約19秒(単3形アルカリ乾電池使用時)

多重露出

給送モードセレクトダイヤルの操作で可能

表示パネル情報

液晶表示により以下の内容を表示(イルミネーター付):フィルム感度/DXマーク、シャッタースピードロックマーク、シャッタースピード表示、、絞りロックマーク、絞り表示、露出補正マーク、オートブラケティングマーク、露出インジケーター、カスタムマーク、露出モード表示、プログラムシフトマーク、シンクロモード表示、AFエリアモード表示、フォーカスエリア表示、バッテリーチェック表示、フィルムカウンター

裏ぶた

蝶番式(取り外し可能)、AFエリアモードセレクトダイヤル、フォーカスエリアセレクター装備、データバックMF-29と交換可能

リモートコントロール

10 ピンターミナルのリモートコネクターにより可能(MC-20・21・22・23・25・30・31・33・34、ML-3等接続可能)

電源

・単3ホルダーMS-12(単3形アルカリ乾電池または単3形リチウム電池4本使用)標準装備、3VリチウムホルダーMS-13(別売)により3Vリチウム電池(CR123AまたはDL123A)2本使用可能、マルチパワーバッテリーパックMB-15(別売)により単3形アルカリ乾電池または単3リチウム電池6本(MB-15に同梱の単3ホルダーMS-15併用)かニッケル水素電池MN-15(別売)使用可能
*充電式の単三型ニッケル水素電池は使用できません(性能が確保できないため)


電源スイッチ

電源ON、OFFの2ポジションに加え、表示パネルにイルミネーターを点灯させるポジションを装備

半押しタイマー

電源スイッチON後、無操作状態で6秒後OFF、電源ON時はシャッターボタン半押し操作またはAF作動ボタン等の操作に連動して半押しタイマーON

バッテリーチェック

半押しタイマーON状態で、表示パネルにバッテリーチェック表示を以下の3段階で表示
全点灯(電池容量充分)・半点灯(電池消耗)・点滅(交換表示)


撮影可能フィルム本数


[使用電池]

[常温20℃]

[低温-10℃]
単3形アルカリ乾電池(4本)
約25本
約1本
単3形リチウム電池(4本)
約40本
約20本
3Vリチウム電池(2本)
約20本
約10本
単3形アルカリ乾電池4本(6本)
約35本
約3本
単3形リチウム電池(6本)
約60本
約25本
ニッケル水素電池MN-15
約20本
約15本

36枚撮りフィルム、装着レンズAF80-200mmF2.8D〈New〉、フィルム給送モードS、フォーカスモードC、シャッタースピード1/250秒以上、半押しを8秒間持続させた後、無限遠から至近間を1往復し、シャッターレリーズ後1秒間の半押しタイマーが切れるまで放置して、同じ動作を繰り返して実施


[使用電池]

[常温20℃]

[低温-10℃]
単3形アルカリ乾電池(4本)
約60本
約3本
単3形リチウム電池(4本)
約110本
約60本
3Vリチウム電池(2本)
約60本
約25本
単3形アルカリ乾電池4本(6本)
約100本
約6本
単3形リチウム電池(6本)
約140本
約90本
ニッケル水素電池MN-15
約70本
約50本

36枚撮りフィルム、装着レンズAF28-105mmF3.5-4.5D(IF)、フィルム給送モードS、フォーカスモードC、シャッタースピード1/250秒以上、各コマ毎に無限遠から至近間を1往復させ1回レリーズ後、すぐに同じ動作を繰り返して実施

バルブ撮影時連続撮影時間


[使用電池]

[常温20℃]

[低温-10℃]
単3形アルカリ乾電池(4本)
約4時間
約1.5時間
単3形リチウム電池(4本)
約7時間
約5時間
3Vリチウム電池(2本)
約3時間
約2.5時間
単3形アルカリ乾電池4本(6本)
約8時間
約2時間
単3形リチウム電池(6本)
約10時間
約6時間
ニッケル水素電池MN-15
約4時間
約2.5時間

三脚ネジ穴

1/4(ISO1222)

カスタムセッティング機能

下記22項目のカスタムセッティングが可能
(1)フィルム終端時の自動巻き戻し
(2)r露出値(シャッタースピード・絞り値・露出補正・オートブラケティング補正値)のステップ幅の変更
(3)オートブラケティング撮影時の補正順序の変更
(4)シャッターボタンの半押し操作によるAFレンズ駆動
(5)DXマークがないフィルム装てん時の警告表示
(6)フォーカスエリアの選択を循環方式に変更
(7)シャッターボタン半押しによるAEロック
(8)裏ぶたを閉じるとフィルムの空送りが開始
(9)S(シングルAFサーボ)での至近優先ダイナミックAF
(10)C(コンティニュアスAFサーボ)での至近優先ダイナミックAF
(11)AE・SBブラケティングの同時セット、単独セット
(12)コマンドダイヤルの変更
(13)露出補正簡易設定
(14)多重露出撮影時の撮影方法の変更
(15)半押しタイマーの作動時間の変更
(16)セルフタイマーの作動時間の変更
(17)各ボタンの操作によるイルミネーターの点灯
(18)0コマ目のデータ(年月日時分)写し込み(MF-29使用時)
(19)絞りの制御方法
(20)露光直前のセルフタイマー表示LED点灯
(21)AE/AFロックボタン操作による同時ロック、単独ロック、AEロックの維持
(22)レンズの絞りリングによる絞りセット
パーソナルコンピューターとの通信によるカスタムセッティング可能


ツーボタンリセット機能

CSMとMODEの2つのボタンを同時に約2秒間押す動作により、一部機能を除き、各機能の設定状態を一括して初期状態にリセット可能

撮影データ

F100フォトセクレタリーの販売は2002年3月末に終了いたしました。

大きさ(幅×高さ×奥行)

約 155mm × 113mm × 66mm

質量(重さ)

約785g(ボディのみ、電池を除く)


仕様中の性能データは特に記載のある場合を除き、すべて常温 (20℃)、新品電池使用時のものです。

仕様、外観の一部を改善のため予告なく変更することがあります。