Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D810A

天体撮影に特化した機能

長時間露光に便利な、最長900秒までの露光時間を設定できる長時間露光マニュアルモード(M*)【NEW】

D810Aは、通常の露出モードP、S、A、Mに加え、新たに露出モードのひとつとして長時間露光マニュアルモード(M*)を搭載しました。連続撮影の「100コマ制限」が解除されるシャッタースピード4秒以上の長秒時で、4秒、5秒、8秒、10秒、15秒、20秒、30秒、60秒、120秒、180秒、240秒、300秒、600秒、900秒のシャッタースピード設定と、バルブ、タイムの設定が可能。設定秒時は実制御秒時なので、長時間露光、コンポジット、比較明合成などに便利です。特に比較明合成を行う場合の、総露出時間の算出が容易です。

測光機能は動作せず、表示パネル、ファインダー内下部表示の露出インジケーターは消灯します。

赤く点灯し続けるファインダー内の水準器表示【NEW】

M*モードでファインダー内の水準器表示を点灯させると※、水準器表示は半押しタイマーがOFFになるまで赤く点灯し続けます。暗い中でも見やすく、星景撮影での水平出しに有効です。

カスタムセッティングで「Fnボタンの機能」に「ファインダー内水準器」の割り当てが必要です。

ライブビュー時、ピント合わせや構図調整に便利な30秒より長い露光時間設定時のプレビュー機能【NEW】

天体撮影で使用頻度の高い30秒より長い露光時間設定時※、ライブビューではシャッタースピードを30秒に設定したとき相当のプレビューを表示できます(実際の撮影画像の露出とは一致しません)。天体撮影時のピント・構図の確認が容易に行えます。

マニュアルモード(M)でバルブ、タイム撮影を設定した時、または、長時間露光マニュアルモード(M*)でバルブ、タイム撮影を設定した時、および、露光時間を60秒、120秒、180秒、240秒、300秒、600秒、900秒のいずれかに設定した時。
一般的なデジタル一眼レフカメラでは、バルブ、タイム撮影時には露出が確定しないため「露出プレビュー」は表示しません。

厳密なピントの確認が容易な、ライブビュー時最大約23倍の拡大表示

ライブビュー中には、最大約23倍のライブビュー映像の拡大表示が可能です。D810同様、撮像素子の新しい読み出し方法によりライブビュー拡大表示時にもピントの山をつかみやすい画質を確保しており、厳密なピントの確認が容易に行えます。拡大表示中は、画面右下のナビゲーションウインドウで構図のどの部分を拡大しているかが一目瞭然。拡大位置は、マルチセレクターの操作で上下左右にスクロールできます。