Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D810

際立つ高画質

D810の高画質を支えるニコン独自の4つの先進テクノロジー【NEW】

有効画素数3635万画素を実現した撮像素子の高いポテンシャルをフルに引き出す、高解像なNIKKORレンズ。ISO 64という低いベース感度からダイナミックレンジが広い、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー。高感度ノイズ低減性能やオートホワイトバランス精度の向上、1080/60p動画への対応を実現した画像処理エンジンEXPEED 4。そして、より的確に撮影者の意図を画づくりに反映できる新しい「ピクチャーコントロールシステム」。これらが密接に結び付くことで、単にD800Eよりも鮮鋭感を高めただけでなく、様々なシーンで豊かな階調表現、優れた色再現性を実現し、撮影者の意図を盛り込みやすい、高品位な画づくりを可能にしています。

高画質を支えるD810おすすめレンズ

D810 01
・ レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G ・ 画質モード:14ビットRAW(NEF) ・ 露出モード:マニュアル、1/1250秒、f/2 ・ ホワイトバランス:AUTO1 ・ ISO感度:64 ・ ピクチャーコントロール:フラット
© Akinori Ito

ニコンデジタル一眼レフカメラで初めて、ベース感度ISO 64の高画質を達成した新撮像素子【NEW】

新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーは、各画素が蓄積可能な光の情報量を2/3段分増やすことで、階調性を損なうことなくベース感度ISO 64を達成。また、光学ローパスフィルターレス仕様と画像処理エンジンEXPEED 4の高度な処理能力とにより、D800Eをも凌ぐ高い鮮鋭感を発揮します。

ニコンFXフォーマットCMOSセンサー

高画素情報を高速処理し、高画質を生み出すEXPEED 4【NEW】

最新の画像処理エンジンEXPEED 4が、鮮やかで抜けのよいクリアーな発色、漆黒から純白までの繊細でニュアンスに富んだ立体感のある階調を再現。高感度撮影では、一段と効果的にノイズを抑えます。また、FXフォーマットで約5コマ/秒の高速連続撮影、60pのフルHD動画を可能にしています。

画像処理エンジンEXPEED 4
・ レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G ・ 画質モード:8ビット JPEG FINE ・ 露出モード:マニュアル、1/60秒(電子先幕シャッター)、f/5.6 ・ ホワイトバランス:オート1 ・ ISO感度:6400 ・ ピクチャーコントロール:スタンダード
© Shinichi Sato

ISO 64-12800の広い撮像感度域、さらに向上したノイズ低減機能【NEW】

D810の静止画の撮像感度は、ニコン独自の厳格な基準を満たしながら、ベース感度ISO 64からISO 12800までと広範囲。いずれの感度でも広いダイナミックレンジを維持しています。また、ISO 32相当(Lo 1)までの減感、ISO 51200相当(Hi 2)までの増感も可能。被写体や光の状況、表現意図に応じた感度選択の自由度が高く、多様なシーンで高画質が得られます。高感度時には、画像処理エンジンEXPEED 4の優れたノイズ低減処理で、髪の毛や草などのコントラストが低い被写体でも、有効画素数3635万画素の精細さを極力残したままノイズを抑えます。この優れた高感度性能は、動画撮影時においても威力を発揮します。

・ レンズ:Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D ・ 画質モード:8ビット JPEG FINE ・ 露出モード:マニュアル、1/250秒、f/8 ・ ホワイトバランス:晴天 ・ ISO感度:64 ・ ピクチャーコントロール:スタンダード
© Junji Takasago
・ レンズ:AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G ・ 画質モード:14ビット RAW(NEF) ・ 露出モード:マニュアル、1/1.6秒(電子先幕シャッター)、f/2 ・ ホワイトバランス:オート1 ・ ISO感度:64 ・ ピクチャーコントロール:スタンダード
© Shinichi Sato
撮影協力:東京タワー
・ レンズ:AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II ・ 画質モード:14ビット RAW(NEF) ・ 露出モード:絞り優先オート、1/200秒、f/5.6 ・ ホワイトバランス:色温度(8330K) ・ ISO感度:1600 ・ ピクチャーコントロール:ビビッド
© Miss Aniela
・ レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ・ 画質モード:14ビット RAW(NEF) ・ 露出モード:マニュアル、1/125秒、f/4 ・ ホワイトバランス:晴天 ・ ISO感度:3200 ・ ピクチャーコントロール:ビビッド
© Lucas Gilman

より柔軟な画づくりができる、進化したピクチャーコントロールシステム【NEW】

被写体や表現意図に合わせて画像や映像の「画づくり」が簡単にできる、ピクチャーコントロールシステム。D810では新たに[明瞭度]※1を追加し、画像のクリアー感を調整可能。さらに各調整項目は0.25ステップ※2で細かく調整可能となりました。また、新しいピクチャーコントロール[フラット]を搭載。[ニュートラル]よりもトーンカーブが直線に近く、画づくりの演出もより少ないため被写体情報を最大限に取得でき、好みの画づくりをするために調整や加工を行っても白とび、黒つぶれ、色飽和が起きにくく、明暗、色ともに、階調性豊かに仕上げることができます。

静止画のみ適用。
クイック調整、フィルター効果は除く。
[スタンダード]調整画面
スタンダード
フラット
明瞭度 -4
明瞭度 0
明瞭度 +2
明瞭度 +4
© Hisao Asano

カスタムピクチャーコントロール管理ソフトウェア Picture Control Utility 2【NEW】

自分好みのピクチャーコントロール(カスタムピクチャーコントロール)が作成できるPicture Control Utility 2は単独で起動でき※1、カメラと同様のパラメーター調整に加え、カスタムトーンカーブを使った調整も可能。微妙な調整具合を、リアルタイムで反映されるプレビュー画像で確認できます。ウィンドウサイズを拡張すると、プレビュー画像も大きく表示されます。また、ピクチャーコントロールの設定変更の基点とするためプレビュー画像の露出、ホワイトバランスの調整が可能※2。作成したカスタムピクチャーコントロールは、同一パソコン内のCapture NX-Dのピクチャーコントロールリストに自動的に登録され、任意のRAW(NEF)画像に適用できます。また、メモリーカードを介してカメラに取り込み、登録できます。

「Capture NX-D」、「ViewNX-i」からの起動も可能です。
露出、ホワイトバランスの調整は、カスタムピクチャーコントロールには反映されません。
Picture Control Utility 2

静止画・動画活用ソフトウェア ViewNX-i(無償ダウンロード)【NEW】

JPEG、RAW、動画ファイルのブラウザー機能に特化したニコンのフリーソフトウェア。フォルダーをまたいで必要なファイルを一時的に保管できる「フォトトレイ機能」を搭載。Capture NX-Dで編集したRAWファイルを見ることもできます。動画編集は初めてでも気軽に使える動画編集ソフトウェア ViewNX-Movie Editorと連携して行います。各Webサービスへのアクセスにも対応しています。

RAW(NEF/NRW) 画像現像ソフトウェア Capture NX-D(無償ダウンロード)【NEW】

極めて豊かな情報を持つ、ニコンのRAW 画像。そのデータを余さず活用できる、RAW(NEF/NRW)画像の現像機能を追求したソフトウェアです。露出補正、ホワイトバランス、トーンの調整とともに、ピクチャーコントロールをフルに活用して画調を調整できます。Capture NX-Dでは、新しいピクチャーコントロールシステムに対応していないカメラで撮影したRAW画像(NEFファイルのみ※)にも、新たに搭載したピクチャーコントロール[フラット]や調整項目[明瞭度]を適用可能。各調整項目の0.25ステップでの微調整もできます。

COOLPIX 8800、8700、8400、5700、5400、5000で撮影されたNEFファイルは除く。
Capture NX-D