Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D750

革新的な機動力

革新的に高い機動力と高品位画質の融合

内部構造のレイアウトからゼロベースで刷新し、ボディーを大幅に薄型化したことで実現した深いグリップが、手の大小を問わず確実なホールド感を提供。小さく軽いボディーをしっかりホールドできるD750の極めて高い機動力が、FXフォーマット・2432万画素の高品位な画質と融合することで、撮影者を従来の制約から解放し、新たな撮影領域での自由な映像表現へと導きます。

小型・軽量、薄型で強度、剛性の高いボディー

D750は、ニコンFXフォーマットモデルで初めてモノコック構造を採用し、従来の構造では不可欠だった大型の骨格部材を廃止。外装が骨格を兼ね、強度部材として内部構造を堅固に守るこの構造が、高い強度・剛性を保ちながら小型・軽量化に大きく貢献しています。このモノコック構造の採用を可能にしたのが、「新素材の活用」です。前ボディー(下に掲載のモノコック構造イメージ図のオレンジ色の部分)とボディー前面のカバーには、軽量でありながらアルミニウムやマグネシウム合金に迫る強度・剛性を備えつつ、表面外観性にも優れた炭素繊維複合素材(新素材※)を採用。さらに、背面カバー・上面カバーにはマグネシウム合金を採用しており、軽さと同時に酷使に耐える強度と剛性を確保しています。また、電子部品を実装する統合基板の面積を高密度実装により大幅に縮小。これを撮像ユニットとほぼ同一面に配置するという新発想と、ミラー・シャッター・絞り用駆動系ユニットの配置の最適化、そして、理想的なグリップ形状を実現するためにゼロベースで新規設計したボディー内の底部レイアウト。これらの工夫と大型の骨格部材を不要としたモノコック構造の採用の組み合わせにより、大幅な薄型化を達成。プロフェッショナルモデルに迫る高度な仕様とチルト式の液晶モニターを搭載しながら、小型・軽量で画期的に薄型のボディーを実現しています。高い機動力を活かして、撮影のフィールドを未踏の領域にまで大きく拡張し、旺盛な好奇心と探究心を存分に満たすことができます。

新素材:帝人株式会社の「Sereebo®(セリーボ)」を採用。カーボンファイバーを用いた新素材で、軽さと強度・剛性を両立した素材です。優れた強度特性を誇り、表面に炭素繊維が浮き出すことなく外観使用にも適した素材であるため、モノコックボディ構造を構成するカバー素材として適しています。この炭素繊維複合素材の前カバーと前ボディーへの採用が、モノコック構造の採用を可能とし、これにより、強度・剛性を確保しながらの小型軽量・薄型化を実現しています。
上面・背面カバーにマグネシウム合金を採用
駆動系ユニット(D810と同様に4つのモーターを搭載)を実装した前ボディー

機動力をさらに高める高いホールド性、グリップ感のよさ

新規設計のボディー内レイアウトの採用をはじめとする様々な工夫の組み合わせで実現した、かつてなく深いグリップ。このD750の深いグリップは、小型・軽量ボディーでありながら、手の大きい人でも爪が当たらずにしっかりと握り込めます。さらに、小指まで余さず掛かる十分な長さを取り、より手にフィットするよう丸みを持たせており、手の大きさを問わず、確実なホールドが可能。不意に訪れるシャッターチャンスにも即座に対応でき、動きまわる被写体を間近で追い続けるようなアクティブなカメラワークをも可能にすることで、機動力をさらに高めています。また、D4S、D810と同じ、握力を確実に受け止める握り心地のよい素材と滑りにくい深いレザートーン加工を採用。グリップ部に設けたSDカードカバーの表面にもラバー素材を使用しており、ホールド性、グリップ感の向上に貢献しています。

かつてないレベルの低輝度に対応する高密度51点AFシステム

フラッグシップモデルD4シリーズゆずりのD750のAFシステム。51点のフォーカスポイントが撮影画面中央部を広く高密度にカバーし、高い被写体捕捉性能を発揮して、D750の俊敏なフットワークを加速します。中央部15点には、水平・垂直両方向の位相差を検出する、より捕捉性能の高いクロスセンサーを配置。すべてのフォーカスポイントはf/5.6に対応します。AFセンサーには、新開発のアドバンストマルチCAM 3500IIオートフォーカスセンサーモジュールを採用。特に低輝度時の合焦性能を強化しており、-3EV(ISO 100・20°C)という、もはや肉眼でさえも定かには見えにくいレベルの暗さにまで対応します。極端に暗いシーンでもスムーズに、かつ確実にピント合わせができ、通常の撮影シーンで想定されるほとんどの明るさで、ストレスのないAF撮影が可能です。この低輝度対応AFと優れた高感度性能の組み合わせによってピントと画質に対する不安を払拭し、暗所における撮影の自由度を格段に高めています。

日没後、店内の照明が消えたカフェで撮影
©Ryo Ohwada
夜間、月明かりだけで撮影
©Joshua Cripps

機動性の高い超望遠AF撮影を可能にするf/8対応AF

フォーカスポイントは、51点のうち15点(中央部9点+中段左右各3点)がf/5.6超~f/8未満に、11点(中央部5点+中段左右各3点)がf/8に対応。1.4×および1.7×テレコンバーター使用時にもストレスのないAFを実現しており、望遠系のNIKKORレンズと2×テレコンバーターの組み合わせで合成F値が8になる場合でも、確実なAFが可能です。D750の小型・軽量ボディーと最新設計の小型・軽量FXフォーマット対応レンズ、テレコンバーターの組み合わせによる「システム全体としての高い機動力」が撮影領域をさらに拡げます。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-20E III + D750
f/5.6対応のフォーカスポイント
f/5.6超~f/8未満対応のフォーカスポイント
f/8対応のフォーカスポイント

:クロスセンサーとして機能  :ラインセンサーとして機能

被写体を「面で捉える」グループエリアAF

AFエリアモードには、D4S、D810同様、シングルポイントAF、ダイナミックAF、3D-トラッキング、オートエリアAFに加えてグループエリアAFを搭載。ダイナミックAFが捕捉初動時に選択したフォーカスポイント1点で被写体を捉えるのに対し、常時5点(選択したフォーカスポイント+上下左右4点)で形成したグループで、被写体を面で捉えるグループエリアAFは、より高い被写体捕捉性能が得られます。不規則な動きをする被写体を捉える場合でも、ピントが背景に合ってしまうのを防ぎ、より確実に目的の被写体を捉えてシャープにピントを合わせられます。

最高約6.5コマ/秒の高速連続撮影

FXフォーマットでもDXフォーマットでも最高約6.5コマ/秒※1、最大100コマ※2までの高速連続撮影が可能。D750の機動力を活かして動きの速い人物を追うような撮影でも、狙い通りの瞬間を捉える確実性が大きく向上しています。

CIPAガイドライン準拠。
JPEG。FXフォーマットで、画質モードFINE・画像サイズL(最大87コマ)の場合を除く。

3種類の静止画撮像範囲

静止画は、3つの撮像範囲を選択可能。撮像範囲を使い分けることで、撮影画角を3段階に変更できます。[FX(36×24)1.0×]は35mm判カメラに準じた画角のFXフォーマット(35.9×24.0mm)で画像を記録します。[1.2×(30×20)1.2×]は29.9×19.9mm、[DX(24×16)1.5×]はDXフォーマット(23.5×15.7mm)で画像を記録。それぞれ、レンズに表記されている焦点距離の約1.2倍、約1.5倍のレンズに相当する画角になり、レンズを交換することなく被写体をより大きく写せるため、大胆な構図変更にも気軽に素早くトライできます。また、DXフォーマットでは51点のフォーカスポイントが撮影画面のほぼ全域をカバーするため、動きの大きな被写体の撮影に有効。初期設定では、DXレンズ装着時には撮像範囲が自動的に[DX(24×16)1.5×]に切り換わります。