Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

D610

レンズ

FXフォーマットの真価を引き出す先進のNIKKORレンズラインナップ。

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

広角でも開放F値1.8ならではの自然なボケ味が楽しめる、小型・軽量の大口径広角レンズ。ナノクリスタルコート、EDレンズ、非球面レンズを採用しており、ゴーストや色収差を抑えた高い光学性能を発揮します。また、最新の光学設計で画像周辺部までシャープに解像。広がりのある風景撮影など、気軽に広角撮影が楽しめます。

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

周辺部のゆがみを抑えた高い描写性と、美しい自然なボケ味が楽しめる大口径広角レンズ。ナノクリスタルコート採用で逆光時などでもゴーストとフレアを低減したクリアーな像が得られます。

©Sergey Gorshkov

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

高い点像再現性を実現した小型軽量の大口径広角レンズです。単焦点レンズならではの高い解像力とシャープな描写が得られ、大口径レンズならではのボケ味を生かした表現が可能です。スナップ撮影はもちろん、夜景、風景、ポートレートなど多彩なシーンが楽しめます。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

ポートレート、静物から風景まで多彩な被写体に使える標準レンズ。非球面レンズの使用で諸収差を良好に補正しており、ピント面のシャープな描写と美しいボケが活きる単焦点レンズの魅力を気軽に満喫できます。

©Hideki Kono

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

開放絞りで無限遠の点光源を「点」に写す高い点像再現性と、自然な奥行き感で人物や静物の佇まいを魅力的に描きだす綿密に計算されたボケ味。特に風景、ポートレート、静物の撮影で、独創的な描写を楽しめます。

©Hideki Kono

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

人物を大きめに捉えるポートレートにちょうどいい画角の、気軽に使える中望遠単焦点レンズ。背景を柔らかくぼかし、自然な描写の人物を効果的に際立てることができます。軽量でカメラに装着して快適に持ち歩けます。

©Robert Bösch

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

FXフォーマット時、画角107°の超広角域から63°の標準的な広角域まで、広い画角範囲をカバーする超広角ズームレンズ。薄暗い室内や夕景を、手ブレを気にせず撮影できるVR機構(手ブレ補正効果2.5段※CIPA規格準拠)が、手持ちによる広角撮影の可能性を広げます。

35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

使用頻度の高い画角範囲をカバーする約3.5倍標準ズームレンズです。ブレ軽減効果の高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)を搭載。風景、建物、静物、ポートレートと多彩な被写体に安定して高い描写性能を発揮します。

35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
©Robert Bösch

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ブレ軽減効果が高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)を搭載。2倍テレコンバーター併用の400mm時にもf/8対応AFで確実なAF撮影ができます。最短撮影距離1.0 mでボケの美しいクローズアップ撮影も楽しめます。

NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
©Takashi Yamaguchi

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

スーパーEDレンズと4枚のEDレンズが色収差を良好に補正。ナノクリスタルコートも採用しており、超望遠ズームレンズの常識を覆す高画質が得られます。VR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)も搭載。スポーツ、トラベル、風景に理想的です。

NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
AI AF-S TELECONVERTER TC-14E IIを併用して撮影。
©Junichi Noguchi