Nikon Imaging
Japan

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR New

製品特長

撮影フィールドを拡げる、超望遠500mmの手持ち撮影が可能な高い機動性

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRは、PFレンズの採用で、全長(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)約237mm、最大径約106mm、質量約1460gと大幅な小型・軽量化を達成。AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRとほぼ変わらない重さで手持ちでの超望遠撮影が容易に楽しめる、FXフォーマットで焦点距離500mmの高性能超望遠レンズです。AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRと比較して、全長は約150mm、最大径は約34mmも短縮。質量は半分以下(約53%減に相当)の約1630g軽減しています。超小型・軽量ボディーの手軽さを活かした高い機動性が、山や旅先など、これまで超望遠レンズを持ち出しにくかったシーンでの撮影を可能にするなど、長時間の持ち歩きや軽快なフットワークを活かした撮影により、超望遠レンズの可能性を大きく拡げます。

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRとの比較
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRとの比較

PF(位相フレネル)レンズ

PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズは、光の回折現象※を利用して色収差を補正するレンズです。PF素子と通常のガラスレンズを組み合わせることで、優れた色収差補正能力を実現。PFレンズの強力な色消し効果によって、レンズの薄肉化や比重の小さい硝材の使用が可能となり、レンズの軽量化が可能になりました。

回折現象:光は波としての性質を持っています。波は、障害物に出会ったときにその影の部分に回りこむ性質を持っており、これを回折と呼んでいます。回折は、屈折とは逆順に色分散が発生する特徴があります。
PFレンズイメージ図

軽量・小型化に大きく貢献

望遠レンズの全長を短縮させるためには、テレ比(全長/焦点距離)を小さくする必要があります。一般的なカメラ用レンズ(屈折レンズ)のみの構成でテレ比を小さくすると、レンズ前方の凸群で発生する色収差を後方の凹群で拡大してしまうため、全長の短縮には限界がありました。PFレンズは、一般的なカメラ用レンズとは逆の方向に強力な色収差を発生させることで効率的な色消しが可能となり、全長を短縮しても優れた色収差補正を達成。光学系の全長短縮が鏡筒の短縮を実現し、望遠レンズの軽量・小型化ができるようになりました。

優れた色収差補正

一般的なカメラ用レンズ(屈折レンズ)は、光の屈折現象を利用して撮像面に像を結んでいます。光は色(波長)により屈折する強さが異なり、レンズに近い方から青(B)・緑(G)・赤(R)の順で結像します。この色ズレは「色収差」と呼ばれ、色のにじみとして画像の劣化につながります。これに対しPF素子は、レンズに近い方から赤(R)・緑(G)・青(B)の順で結像します。PFレンズは、PF素子と屈折レンズを組み合わせることで、それぞれの色収差を打ち消し合い高い色収差補正を可能にしています。

PF(位相フレネル)レンズ 色収差補正の仕組みのイメージ図

Capture NX-D「PFフレアコントロール」搭載

PFレンズの特性上、画面内外に強い光源がある場合、光源を中心にリング状の色つきのフレア(以降「PFフレア」とする)が写り込むことがあります。画像に写り込んだPFフレアは、Capture NX-Dに搭載の「PFフレアコントロール」機能で軽減することが可能です。詳細についてはソフトウェアのヘルプをご覧ください。ソフトウェアは必ず最新版にバージョンアップしてお使いください。

・「PFフレアコントロール」は静止画にのみ使用可能です。動画には使用できません。

PFフレア
Capture NX-DによるPFフレア補正

レンズ鏡筒の可動部分をはじめとする随所に埃や水滴の侵入を防ぐシーリングを施した防塵・防滴に配慮した設計を採用。さらに、汚れやすいレンズの最前面には、埃や水滴が付着しにくく、付着しても拭き取りが容易なニコン独自のフッ素コートを採用しています。優れた防塵・防滴・防汚性能が、プロフェッショナルのタフな撮影環境でも威力を発揮します。

フッ素コート:ニコン独自のコーティングテクノロジーで、耐久性が極めて高くコーティングが剥がれにくいため、他の同様のコーティングよりもはるかに多くの拭き取り回数に耐え、その優れた効果が長期にわたって持続します。反射防止効果もあり、よりクリアーな画像の撮影にも貢献します。

天候や環境に左右されにくい防塵・防滴に配慮した設計

シーリング適応箇所
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 01
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/2000秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Jaanus Ree

防汚性能に優れるニコン独自のフッ素コート

フッ素コートの効果イメージ図
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR動画
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。

単焦点レンズならではの高い光学性能

PFレンズ1枚、EDレンズ3枚を採用した最新の光学設計が、高い色収差補正力と高画素デジタルカメラに最適な高い解像力を実現。撮影距離を問わず、画面の中央部から周辺部までシャープな描写が得られます。PFレンズには新開発の素材を採用しており、画面内外の光源を中心にリング状に色づくPFフレアをAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRよりもさらに効果的に抑制します。また、超望遠単焦点レンズならではの自然で大きなボケを活かした写真表現も楽しめます。

色収差を効果的に低減し色にじみを抑制するEDレンズ

通常レンズ
色のにじみが解像力を低下させる
EDレンズ
プリズムの色分解作用を少なくし
色にじみを効果的に低減

開放絞りでも画面の隅々までシャープに描く高い解像力

© Junichi Noguchi
赤枠内を拡大

超望遠レンズならではの浅い被写界深度を活かした大きな背景ボケ

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 02
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/1000秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Jaanus Ree

VR[SPORT]モードの撮影で手ブレを感知し、それを補正するためにVR光学系が最も動いた状態でもVR OFF時に遜色のない光学性能を実現。AF-S TELECONVERTER TC-14E III(別売)使用時も非使用時と同等の光学性能を達成しています。AF-S TELECONVERTER TC-14E III装着時にDXフォーマット※で撮影すると、35mm判換算で焦点距離1050mmレンズに相当する画角で撮影できます。

撮像範囲をDXフォーマットに設定できるニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラおよびニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ使用時

・VR[SPORT]モードの詳細はこちら

テレコンバーター使用時の高い解像力

焦点距離700mm(AF-S TELECONVERTER TC-14E III使用時)
© Junichi Noguchi
赤枠内を拡大

テレコンバーター使用時にDXフォーマットで焦点距離1050mm相当の画角で撮影可能

焦点距離700mm(AF-S TELECONVERTER TC-14E III使用時)
© Junichi Noguchi

豊富な周辺光量を確保しており、開放絞りでも安心して撮影できます。

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 03
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/800秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Jaanus Ree

ニコン独自のナノクリスタルコートを採用しており、逆光などの撮影シーンで発生しやすいゴーストやフレアを効果的に抑制。抜けの良いクリアーな画像が得られます。

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 04
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/8000秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Junichi Noguchi

ナノクリスタルコートの効果イメージ図

ナノクリスタルコートは、従来の多層膜コーティングに比べて反射率をさらに低く抑えるとともに、より広い波長域、角度範囲での反射防止を可能としました。

従来の多層膜コーティング
ナノクリスタルコート

さらに向上した被写体捕捉性能

フォーカス光学系の軽量化により、大きくピントが外れている被写体の検出時にフォーカスレンズ群を動かす速度(AFスキャンタイム)をAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと比較し約半分に短縮 しました。また、VR[NORMAL]モード使用時の手ブレ補正効果4.0段※(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載しており、薄暗いシーンなどの手持ち撮影で起こりがちな手ブレやファインダー像のブレを効果的に軽減します。カメラ電源オン直後や半押しタイマーオフからの復帰直後のVR 性能も向上し、撮影開始直後からすぐに安定したファインダー像とブレを抑えた画像が得られます。VR[SPORT]モードも搭載しており、動きが速い、また動きの変化が激しい被写体を追いやすく高速連続撮影時のファインダー像も安定するためフレーミングが容易です。さらに、高速連続撮影時のAEの安定性向上をもたらす電磁絞り機構を採用。多彩な最新テクノロジーが動体撮影を強力にサポートします。

35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR動画
VR[SPORT]モードによるファインダー像の安定
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。
動画はイメージです。(AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRで撮影)
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 05
■VR[SPORT]モードで流し撮り
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/160秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Junichi Noguchi
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 06
■VR[SPORT]モードで思い通りの構図
焦点距離:500mm シャッタースピード:1/1600秒 絞り:f/5.6 フォーマット:ニコンFXフォーマット
© Jaanus Ree