Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

撮影サンプル

静止画

サンプル1

撮影情報
シャッタースピード 1/800秒
絞り値 f/2.8
焦点距離 98mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

跳躍するダンサーの姿が美しい一枚です。不規則な動きの被写体を高精度なAFで確実に捕捉しました。光量の少ない環境の中、絞りを開放のf/2.8に設定。シャッタースピードをより速くし、ダンサーが漆黒の空間を舞う瞬間を捉えました。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル2

撮影情報
シャッタースピード 1/125秒
絞り値 f/2.8
焦点距離 180mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

草を食べる野生動物(ニアラ)を中望遠の180mmで撮影。より高画質に撮るためにISO感度を100に設定しました。それによりシャッタースピードが1/125秒となりながらも、手ブレ補正効果3.5段※(CIPA規格準拠)のVR機構によって、毛の一本一本、つぶらな瞳までシャープに表現しました。

  • ※ NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル3

撮影情報
シャッタースピード 1/2000秒
絞り値 f/4
焦点距離 85mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

渓谷の巨大な滝にカヌーが挑む瞬間を捉えました。力強い水の流れはもちろん、画面の隅々まで広がる景観のディティールを高い解像力で表現。特に画面左側の無数の柱状になった特徴ある岩(柱状節理)の壁面をその細部に至るまで緻密に描写しました。

  • ● 元データを1280×854pixelにリサイズしています。

サンプル4

撮影情報
シャッタースピード 1/80秒
絞り値 f/8
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

南アフリカの広大なサバンナの夕景を撮影しました。空一面を染める太陽を正面に、細かな枝を持つ樹木をシルエットで印象的に表現。完全な逆光でありながら、ナノクリスタルコートの効果でゴーストやフレアを抑え、入り組んだ枝の一本一本までシャープに表現しました。

  • ● 元データを1280×852pixelにリサイズしています。

サンプル5

撮影情報
シャッタースピード 1/750秒
絞り値 f/2.8
焦点距離 200mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

川を渡るアフリカ象の群れを最も望遠側の200mmで撮影。大人の象たちに優しく守られているような小象の姿を、絞りを開放にして背景をぼかし、際立たせました。また高い解像力で肌のシワまで繊細に表現。夕日に映えるその姿が印象的な一枚です。

  • ● 元データを1280×852pixelにリサイズしています。

サンプル6

撮影情報
シャッタースピード 1/1250秒
絞り値 f/3.5
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

歓喜に沸くラガーマンたちの姿を臨場感豊かに捉えた一枚です。中央の男性の力強い表情を克明に描写。さらに指先までの滑らかで自然なボケは、明るい大口径レンズならではの表現です。

  • ● 元データを852×1280pixelにリサイズしています。