Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

撮影サンプル

静止画

サンプル1

撮影情報
シャッタースピード 1/2500秒
絞り値 f/1.4
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

特徴的なボケ味による、「三次元的ハイファイ」の空間描写が印象的な一枚です。ピントが合った瞳から遠ざかるにつれ、ぼけかけたところ、完全にぼけたところまで連続的になだらかに変化していく美しいボケ味。シャープなまつ毛から、頬、耳元、柔らかくなびく髪、そして背景へと、自然な奥行き感で印象的に描写しています。

  • ● 元データを1280x854pixelにリサイズしています。

サンプル2

撮影情報
シャッタースピード 1/250秒
絞り値 f/1.4
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

焦点距離105mm、開放F値1.4ならではの浅い被写界深度と柔らかく大きなボケ味を活かして、鮮明に捉えた人物の存在感を強調しました。膝あたりまでを写し込んだ引き気味のポートレート撮影ながら、主題となる人物を自然な雰囲気で周囲から引き立たせ、印象的に描写しています。

  • ● 元データを1280x854pixelにリサイズしています。

サンプル3

撮影情報
シャッタースピード 1/400秒
絞り値 f/1.4
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

暮れなずむ街並みと夕空を背景に、街灯に照らされた人物を浮かび上がらせました。中望遠105mmならではの適度な圧縮効果を活かした一枚です。柔らかく美しい背景のボケが、シャープに捉えた人物を際立たせ、高い点像再現性が、吊り橋のケーブルに灯る照明などを、歪みやにじみの少ない自然な形で描写しています。

  • ● 元データを1280x854pixelにリサイズしています。

サンプル4

撮影情報
シャッタースピード 1/5000秒
絞り値 f/1.4
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

往年の風情を残すブルックリンのビル街から臨んだ、マンハッタンブリッジの主塔。絞り開放でも遠景をシャープに描写しています。開通から100年以上を経過したマンハッタンブリッジの風合いや細いハンガーロープ、主塔脚部の間から遥かに見えるエンパイアステートビルの形状も、鮮明に捉えています。

  • ● 元データを853x1280pixelにリサイズしています。

サンプル5

撮影情報
シャッタースピード 1/125秒
絞り値 f/1.4
焦点距離 105mm
フォーマット ニコンFXフォーマット
説明

密集して並べられたワイングラスを、大きなボケを活かして印象的に切り取った1枚。EDレンズ3枚の採用により、被写体のエッジ部分で目立ちやすい「色のにじみ」も効果的に抑えられています。

  • ● 元データを1280x853pixelにリサイズしています。