Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

製品特長

広角から望遠までをカバーする約7.8倍高倍率ズームレンズ

使用頻度の高い、焦点距離18-140mm(35mm判換算で27-210mmのレンズの画角に相当)のDXフォーマット対応、約7.8倍の高倍率ズームレンズです。遠近感を強調した広角撮影から主要被写体を力強く切り取る望遠撮影まで、幅広い画角を描写可能。日常的なスナップ撮影、ポートレート、風景撮影など、さまざまな被写体に活用できます。

同じ撮影位置からの焦点距離の比較

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 01
広角27mm相当(35mm判換算)で撮影
焦点距離:18mm シャッタースピード:1/400秒 絞り:f/8 フォーマット:ニコンDXフォーマット
© Deborah Sandidge
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 02
望遠210mm相当(35mm判換算)で撮影
焦点距離:140mm シャッタースピード:1/250秒 絞り:f/8 フォーマット:ニコンDXフォーマット
© Deborah Sandidge

EDレンズ、非球面レンズ採用で高い光学性能を実現

EDレンズ、非球面レンズを採用した光学設計により、優れた描写力を実現します。EDレンズは、焦点ズレで発生する色のにじみを効果的に低減。非球面レンズは、ディストーション(歪曲収差)や球面収差などさまざまな収差を補正する効果を備えています。EDレンズ、非球面レンズの高い光学性能が、高画素デジタル一眼レフカメラの画質性能を引き出し、鮮鋭感の高いクリアーな画像が得られます。

EDレンズの色収差補正イメージ図

通常レンズ
色のにじみが解像力を低下させる
EDレンズ

非球面レンズの収差補正イメージ図

ディストーションの補正イメージ
ディストーションの発生を抑え、歪みのない画像へ
球面収差の補正イメージ
レンズ中心周辺から連続的に屈折力を変化させる

手持ち撮影をサポートする手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)

手ブレ補正効果4.0段※(CIPA規格準拠)を発揮するVR機構を搭載。優れたブレ補正効果で、暗いシーンの撮影や望遠撮影でも、手ブレによるファインダー像や撮影画像のブレを効果的に軽減します。手持ちで撮影してもブレの少ない画像が得られるため、写真表現の幅が拡がります。

APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
焦点距離:52mm シャッタースピード:1/20秒 絞り:f/4.8 フォーマット:ニコンDXフォーマット
© Deborah Sandidge

静かで快適なAFが可能なSWM搭載

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRは、SWM(超音波モーター)を搭載。静粛性の高いスムーズなピント合わせで、快適なAFを実現しています。一般的な撮影はもちろん、AF撮影時のレンズ駆動音が気になるようなシーンでも安心して使えます。

持ち運びしやすく旅行にも便利な、小型・軽量ズームレンズ

描写力に優れた高倍率ズームレンズでありながら、持ち歩きやすいサイズと軽さを実現。コンパクトなDXフォーマットデジタル一眼レフカメラとのバランスがよく、軽快なフットワークで撮影できます。レンズ1本でいろいろ撮りたい旅行や、スナップ撮影に最適です。