Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Nikon 1 J5

拡がる楽しさ

Nikon 1に最適化された1 NIKKORレンズ

Nikon 1のために開発した1 NIKKORレンズは、CMOSイメージセンサーの能力を最大限に引き出す高品質なレンズです。長年にわたるニコンデジタル一眼レフカメラ用NIKKORレンズの研究で培った光学技術を活かし、静止画・動画どちらにも高いパフォーマンスを発揮。単焦点レンズや高倍率のズームレンズなど豊富なラインナップの1 NIKKORレンズが、撮りたいシーンをシャープに美しく捉えます。また、高速連写のオートフォーカス追従性能や、素早いピント合わせが特長の高速なオートフォーカス性能にも貢献しています。さらにNikon 1が独自のCXフォーマットCMOSイメージセンサーを採用したことで、カメラに取り付けて気軽に持ち歩けるコンパクトさも実現しています。

1 NIKKORレンズは、機動性の高いコンパクトなNikon 1とともに小型・軽量化を実現。また、沈胴機構がズームレンズのコンパクト化に大きく貢献し、優れた携帯性を発揮します。

1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
約28mm、約85gとコンパクトなサイズを実現した標準ズームレンズ
1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
81-297mm相当(35mm判換算)でも約61mm、約180gと非常にコンパクトな望遠ズームレンズ

1 NIKKORレンズは、高速オートフォーカス性能と、高速連写時のオートフォーカス追従性能に大きく貢献しています。

ニコンデジタル一眼レフカメラ用のNIKKORレンズの開発で長年培ってきた光学技術から生まれた、コンパクトな1 NIKKORレンズ。Nikon 1のカメラシステム用に最適化され、非球面レンズやEDレンズの採用により優れた描写力を発揮します。1 NIKKORレンズなら、美しい高品質の写真やムービーを思いのままに撮影できます。

1 NIKKORレンズは、各レンズに最適なモーターを採用することで、撮影時の駆動音を低減しています。特に、1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOMでは、静寂性に優れた電動ズームを採用。自然で滑らかなズーミングを実現しており、動画撮影にも最適です。

1 NIKKORレンズは、Nikon 1のカメラボディーにマッチするミニマルで洗練されたデザインも特徴のひとつです。カメラボディーとレンズのキットなら、デザインだけでなくカラーも合わせてコーディネートできます。

液晶モニターを見ながらの撮影スタイルに対応できるように、Nikon 1用のVR(手ブレ補正)機能を搭載。歩きながらの撮影や、動画撮影の際にも手ブレを補正します。また、Nikon 1 J5のキットレンズ1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMは、4.0段※(CIPA規格準拠)の高い手ブレ補正効果で、手ブレの影響をより軽減し、快適に撮影を楽しむことができます。

CXフォーマットデジタルカメラ使用時。最も望遠側で測定。

1 NIKKORレンズは沈胴機構を採用し、薄型でコンパクトなボディーを実現しています。使用していないときには、レンズがよりコンパクトに収まるので、持ち運びにも便利です。また、沈胴機構の採用により、カメラとレンズの電源オン・オフが連動するため、スムーズに撮影を始めることができ、かつ電源の切り忘れによる電池の消耗も防ぐことができます。沈胴機構は手動と電動の2種類があり、手動ではズームリングボタンの操作により、電源のオン・オフ※の切り換えが可能です。電動では、カメラの電源のオン・オフに連動して、レンズも作動します。

対応レンズ: 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6を除く1 NIKKORのズームレンズ。1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM、1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOMは電動の沈胴機構を採用しています。
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6、1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6はレンズファームウェア1.10にバージョンアップが必要です。
レンズ操作で電源ONを動画でご覧いただけます。
レンズ操作で電源OFFを動画でご覧いただけます。
イラストは手動での沈胴機構操作イメージです。
動画は手動での沈胴機構操作イメージです。
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。

NIKKORレンズを活用できるマウントアダプター FT1(別売)

ニコンデジタル一眼レフカメラ用NIKKORレンズの装着を可能にするマウントアダプター FT1。35mm判換算の場合には約2.7倍の焦点距離に相当する画角になるので、標準レンズを望遠レンズとして、望遠レンズを超望遠レンズとして使うことができます。また、FT1を使ってNIKKORレンズを装着した場合でも、レンズのF値はそのままで、AE(自動露出)やオートフォーカス※1、VR※2といった機能を使うことができます。オートフォーカスで撮影する場合も、風景撮影に適した[AF-S]と動いている被写体を捉える[AF-C]を被写体に合わせて切り換えられます。

AF-Sレンズで動作可能となります。AFエリアは中央の1点のみ機能します。
VRレンズで動作可能となります。
FT1を使用してNikon 1 J5に装着しても撮影できないNIKKORレンズがあります。詳細はこちらをご覧ください。

画像の閲覧や活用がカンタンにできるViewNX-i(無償ダウンロード)

ソフトウェアViewNX-iでは、画像の取り込みや閲覧ができ、地図上に旅のルートを表示することも可能です。また、同ソフトウェア内の動画編集機能ViewNX-Movie Editorでは、動画をつなぎ合わせたり、BGMを追加したりするなど動画の編集も可能。ViewNX-iからダイレクトに写真共有サービスNIKON IMAGE SPACEなどにアクセスでき、画像のアップロードもスムーズです。また、RAW現像や静止画の調整はCapture NX-Dと連携することで実現でき、より高度な調整機能を利用できます。

RAW画像から本格的な画像編集ができるCapture NX-D(無償ダウンロード)

RAW画像の高精細データを余すことなく活用して、本格的な画像調整をしたい方のための画像現像ソフトウェアです。露出補正、ホワイトバランス、トーンの調整とともにピクチャーコントロールをフル活用して画調を調整できます。ViewNX-iと連携して利用するには、Ver1.2.0以降が必要です。

写真共有サービスNIKON IMAGE SPACE

無料で利用できるオンラインの写真共有サービスです。明快なユーザーインターフェースや見やすい画像レイアウト、シンプルな操作フローと処理の高速化で、写真・動画のアップロードやダウンロード、閲覧、整理、共有、SNSとの連携がカンタン・スムーズに行えます。

高精細映像をハイビジョンテレビで楽しむ

HDMIケーブル(市販)を使ってハイビジョンテレビにつなぐことができ、Nikon 1 J5で撮影した高精細な静止画や動画を大きくキレイな画面で、家族や友人と手軽に楽しめます。

テレビと接続するとカメラの液晶モニターは消灯します。
HDMI接続したまま撮影することができます。
4K動画の再生は4K再生対応のPCでのみ可能。4K対応テレビでの4K再生はできません。
本ページに掲載の一部画像はイメージです。