Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Nikon 1 J5

高画質動画

動画がさらに楽しく、鮮やかに。進化したアドバンスト動画モード【NEW】

新開発のセンサーや画像処理エンジンにより、動画の美しさも向上。「4K動画」撮影も行えるようになりました。さらに「タイムラプス動画」も追加されて、動画撮影機能はますます充実。暗い場所や夜間の動画撮影もノイズリダクションを強化することで、よりクリアーな描写が可能になりました。

フルHDの4倍の解像度で表現できる4K動画【NEW】

3840×2160ピクセルの解像度で15コマ/秒の4K動画を撮影できます。細部にいたるまで高精細な描写が可能で、その場にいるような臨場感ある映像表現を楽しめます。静止画・動画活用ソフトウェア ViewNX-i(無償ダウンロード)を使えば、4K動画から静止画を切り出すこともできます。

4K動画の再生は4K再生対応のPCでのみ可能。4K対応テレビでの4K再生はできません。
Nikon 1 J5動画
動画サンプルは、実際に撮影した動画を編集しています。また、閲覧するデバイスや回線速度に応じて、解像度は調整される場合があります。

長時間の変化をスピーディーに再現するタイムラプス動画【NEW】

設定した撮影間隔で自動的に撮影した静止画をつなぎ、ひとつの動画として記録するのがタイムラプス動画です。人や車が行き交う様子や雲の流れなど、長時間における変化を短い時間に凝縮することで、印象深い映像として再現します。

60p対応でなめらかなフルHD動画

60pに対応しているので、なめらかで美しいフルHD動画※を撮ることが可能。P、S、A、Mの露出モードではさまざまな設定を自分好みに調整して撮影することができるので、シャッタースピードを遅くして滑らかな水の流れを描写することも、絞り値を開放にして背景をぼかしたり、表現に工夫を凝らした動画を撮ることも自由自在。さらにはクリエイティブモードの効果を活かした、アーティスティックな表現も楽しめます。撮影後には、ソフトウェアViewNX-iの動画編集機能ViewNX-Movie Editorを使っての編集も可能。BGMを付けるなど、オリジナリティーあふれる映像作品をつくることができます。

1920×1080/60pで最長10分、1920×1080/30pで最長17分撮影可能。
Nikon 1 J5動画
クリエイティブモード(ノスタルジックセピア)で撮影
動画サンプルはWEB用に変換された映像のため、実際の画質とは異なります。また閲覧するデバイスや回線速度に応じて解像度は調整される場合があります。

一瞬の動きに秘められた感動を捉えるHDスローモーション動画

スポーツの瞬間的な躍動や喜びの瞬間など、一瞬の中に秘められた感動を、ゆっくりと再生することで映し出すスローモーション。フレームレートは3段階から選択でき、120fps設定では1280×720ピクセルの高解像度で約3秒の動画を撮影し、約12秒間でゆっくりと再生。400fps設定では800×296ピクセルの解像度で約40秒の再生時間。さらに1200fps設定では最大2分間の再生時間となり、よりゆっくりとしたスローモーション再生を楽しめます。

Nikon 1 J5動画
動画サンプルはWEB用に変換された映像のため、実際の画質とは異なります。また閲覧するデバイスや回線速度に応じて解像度は調整される場合があります。

静止画に躍動感をプラスするモーションスナップショットモード

日常のスナップに動きを加えるモーションスナップショット。シャッターボタンを押すと、カメラが静止画と4秒のスローモーションを記録。特別な編集作業やソフトウェアも必要なく、シャッターボタンを押すだけで、カンタンにユニークな映像ができあがります。音声は、カメラ内蔵の[BGM]、[環境音(撮影時の音声)]、[BGMなし]からセレクトが可能です。保存ファイル形式はMOV形式にも対応。内蔵のWi-Fi機能を使い、モーションスナップショットの動画部分をスマートデバイスに転送※してシェアすることもできます。

動画の転送はAndroid™ OSに対応しています。

カメラ内で4秒のスローモーション部分を連続再生する「スライドショー再生」。この機能を使用すると、ショートムービーのような映像をその場で楽しめます。また、静止画・動画活用ソフトウェア ViewNX-iの動画編集機能ViewNX-Movie Editorを使うと、他の静止画や動画を組み合わせることやBGMを付けることも可能。オリジナルムービーを手軽に作成できます。

コミカルな映像表現を楽しめる早送り動画

4倍速の早送り動画を撮影できます。再生時は、撮影時の4分の1の時間で再生。人であふれる街中や交通量の多い路上などを、躍動的でコミカルに表現します。

瞬間移動のような動画を撮れるジャンプカット

1秒おきに1秒間の動画を記録して、断続的な動画をつなぎます。何気ない風景があっという間に、スピード感のある生き生きとした映像作品に変化します。

Nikon 1 J5動画
動画サンプルはWEB用に変換された映像のため、実際の画質とは異なります。また閲覧するデバイスや回線速度に応じて解像度は調整される場合があります。

SNSでシェアするのに便利な4秒動画

4秒間の短い動画を撮影。撮ったらすぐにカメラ内蔵のWi-Fi機能でスマートデバイスに転送※し、SNSやメールなどでシェアできます。静止画・動画活用ソフトウェアViewNX-iの動画編集機能ViewNX-Movie Editorを使えば、撮影した動画をつなぎ合わせて楽しむことも可能です。

動画の転送はAndroid™ OSに対応しています。

動画用の電子手ブレ補正(VR)機能

動画用の電子手ブレ補正(VR)機能を搭載。HD動画やモーションスナップショット撮影時の手ブレを電子的に補正します。動く被写体や長い焦点距離での撮影時に、三脚を使用しなくても手ブレを抑えて撮ることができます。また、光学手ブレ補正(VR)機能を搭載した1 NIKKORレンズでの撮影時には、2つの手ブレ補正(VR)機能の相乗効果によって、手ブレの影響をより軽減することができます。

動画電子手ブレ補正を「する」にすると、撮影画角は小さくなります。

高画質な静止画を同時に撮れる動画撮影機能

動画撮影中でもシャッターボタンを押すだけで、動画を撮影したまま5568×3712の高画質な静止画(アスペクト比3:2)を撮ることができます。音声や動画が途切れることもないので、動画も静止画もキレイに残すことができます。また、エレクトロニックシャッターによる撮影で静かなため、動画にシャッター音が入ることもありません。カメラ1台で静止画と動画を同時に高画質で撮ることができるので、動画撮影中でもシャッターチャンスを逃しません。

1回の動画撮影中に撮影できる静止画は、最大20コマです。
スローモーション動画、4K動画およびタイムラプス動画撮影中は、静止画撮影できません。

Nikon 1 J5 vs A社 デジタル一眼レフカメラ
動画と静止画の同時撮影

Nikon 1 J5動画
動画の解像度は閲覧するデバイスや回線速度に応じて調整される場合があります。

設定した間隔で撮影しつづけるインターバルタイマー撮影【NEW】

設定した撮影間隔と撮影回数で自動的に撮影するインターバルタイマー撮影を行えます。つぼみがゆっくりと開く様子や蝶が羽化する様子など、長時間の変化を記録したいときに便利です。

高音質で録音できる内蔵ステレオマイク

フルHD映像をクリアーな音で録音できるステレオマイクをボディーに内蔵しています。ニコンのデジタル一眼レフカメラでも採用されている非圧縮リニアPCMの採用で音声の劣化が少ないため、より高音質でフルHD映像を味わうことができます。

表現を拡げる定常光LEDライト LD-1000(別売)

三脚ネジ穴に装着できる定常光のLEDライトです。瞬間的に発光する内蔵フラッシュとは異なり、連続点灯に対応。近距離での動画やモーションスナップショット撮影時に補助灯として活用できます。LD-1000は、カメラから離しても使用が可能です。お好きなアングルや高さ、距離から被写体を照らすことができるので、表現の幅がぐっと拡がります。また、複数のLD-1000を使用した多灯撮影では、光の当たり具合を実際に確認しながらライティングが簡単に行えます。

電源として同一種類の単4電池4本が必要です。
消灯
半点灯
全点灯
本ページに掲載の一部画像はイメージです。