Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Nikon 1 AW1

高速性能

世界最短の撮影タイムラグを実現 アドバンストハイブリッドAFシステム

Nikon 1は、2つのオートフォーカスで、驚くほど簡単に決定的な瞬間を捉えます。シーンに合わせて自動で適切なオートフォーカスに切り替わるので、あらゆる場面でピントが合った一枚を撮ることが可能。予測できない速い動きの被写体などの撮影シーンでは「位相差AF」が作動し、広範囲をカバーする73点のAFポイントが素早く被写体にピントを合わせ続けます。また、暗いシーンでは「コントラストAF」に切り替わり、135点のAFポイントが被写体をシャープなフォーカスで捉えます。さらに、シャッターを押してから撮影されるまでにかかる時間を最小限におさえた、世界最短の撮影タイムラグを実現。狙った一瞬を的確に、そしてシャープに捉えることができます。

2013年9月19日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」ワイド端使用でシングルエリアAF時。ニコン調べ。
撮像面位相差AFカバー範囲(73点)
+ コントラストAFカバー範囲(135点)

世界最速の高速連続撮影(AF追従で約15コマ/秒)

被写体にピントを合わせ続けた状態で、世界最速の高速連続撮影を実現。動く被写体に強い「位相差AF」と連動し、1秒間に最大15コマの撮影が可能です。すべてのコマで被写体にピントを合わせ続けるので、スポーツや野生動物などの素早い動作を撮影するのに最適です。シャッターボタンを押すだけでオートフォーカスが被写体を捉え、すべての動作を記録。捉えにくかった一瞬もシャープに写し出すことができます。さらに30コマ/秒や60コマ/秒に設定し、1コマ目にオートフォーカスを固定して連写することも可能。たとえばゴルフやテニスのスイング、釣りのキャスティングなど、被写体が立ち止まったままでの素早い動きを捉える際に効果的です。

2013年9月19日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。
連続撮影可能コマ数:連続撮影速度が[15fps]に設定の場合は約22コマ、[30fps]、[60fps]に設定の場合は約20コマ撮影可能。

ベストモーメントキャプチャー

シャッターボタンを半押しすると、連続した20コマ(約1.3秒間)の静止画を一時的に記録します。そのまま半押ししている間中、記録された静止画が液晶モニター上で、繰り返しスローで連続表示されます。そして、ベストなシーンが来た瞬間にシャッターボタンを全押しすると、そのコマが静止画として記録されます。
動きのあるシーンでも、液晶モニター上でゆっくりと連続表示される静止画を自分で選べるので、動きの速いスキーやマリンスポーツなど、撮影するのが非常に難しい一瞬をとらえることができ、決定的な瞬間を逃さず、簡単に撮影できます。

Nikon 1 AW1動画
連続撮影した20コマを繰り返しスローで再生します。再生している間、ベストな瞬間を選んでその1コマを記録します。

シャッターボタンを押した瞬間の前後20コマのシーンを撮影。目つぶりやブレなどの失敗写真を除外し、カメラが自動的に最高の一瞬だけを厳選します。カメラがベストショットに選んだ1コマだけを保存するか、ベストショット候補に選んだ5コマを保存するかを設定することもできます。ベストショットが残せるので、撮り直しの必要がなくなり、他の人に撮影を頼む場合にも安心です。

本ページに掲載の写真は一部を除きイメージです。