Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.
Tour No.1

2泊3日

時代を貫く圧倒的な建築風景を撮る

100万ドルの夜景と魅惑の建築都市「香港」撮影ツアー

香港の歴史と未来を象徴する息をのむほど圧倒的な建築物と夜景を撮る海外撮影ツアー。
映画や雑誌でよく見る有名なスポットでの撮影や、地域によって多様な姿を見せる異文化と街並の撮影をご堪能ください。

実施日 2018年5月16日(水)〜5月18日(金)
撮影地 香港
写真家 上田 晃司
ご招待人数 10名
香港は世界の金融、流通の中心である大都市ですが、一歩路地裏に入れば古いアパート、屋台、など昔から変わらない日常がある非常に刺激的な街です。人口は約700万人と多く高層ビルがひしめくように建っています。その迫力には圧倒されるはずです。
高層ビル群は超広角のAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDやAF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDで撮影しても面白いでしょう。また、街中には赤いタクシーやトラム(路面電車)が走っておりとてもフォトジェニックです。ヴィクトリア湾にはフェリーが運航しておりそれも香港の街並と絡めて撮影することもできます。乗り物を撮影する方は200mmくらいの望遠はあった方が良いでしょう。昼間の撮影も素敵ですが、香港は夜の撮影がより面白いです。100万ドルの夜景を見ることのできる場所がいくつかありますし、街中も独特の暖色でとても素敵です。夜の撮影には明るめの単焦点レンズがあるとより撮影しやすくなります。
広めのスナップがお好きな方はAF-S NIKKOR 28mm f/1.4E EDやAF-S NIKKOR 28mm f/1.8G、適度な距離感で撮影したい方は35mm~50mmのF1.4やF1.8、特にAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gは香港で使い易いです。街の自然な表情を捉えたい方はAF-S NIKKOR 85mm f/1.4GやAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDもお薦めです。
街風景を効率良く撮影する方は、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRなども使い勝手がよいでしょう。街は光りにあふれていますので、ナノクリスタルコートを施したレンズの方が、有利になるかもしれません。
写真家 上田 晃司 ( うえだ こうじ )[ http://www.koji-ueda.com/
米国サンフランシスコに留学し、写真と映像を学びながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを作成。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フォトグラファーとして活動を開始。
雑誌、広告を中心に、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影。近年は、講演や執筆活動も展開。
主な著書に『写真が上手くなるデジタル一眼基本&撮影ワザ』、『写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101』『オールドレンズの奇跡』などがある。ニコンカレッジの講師も務める。

作品紹介

2018年5月16日(水)

8:30頃 羽田空港 集合
14:30頃 講師による撮影講義
16:00頃 九龍の建築物撮影
19:30頃 香港の夜景撮影

2018年5月17日(木)

9:00頃 上海街など散策撮影
13:00頃 香港島の建築物撮影
20:00頃 ホテルにて講評会

2018年5月18日(金)

9:30頃 香港の高層ビル群を撮影
13:00頃 香港国際空港到着
20:30頃 羽田空港 解散
※現地集合解散となります。各ツアー指定の集合場所まで、および解散後の交通手段はご自身でご手配いただきます。
※ツアーの内容・日時は変更となる場合があります。
※画像はイメージです。