Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

満開桜に輝くジュピター星景

冬の寒さが厳しいなか、春の訪れを教えてくれる桜の開花風景は喜びもひとしおです。昼間の桜もきれいですが、夜の桜はとても幻想的。夜桜に明るい月や惑星が寄り添って輝く光景は、昼間とは異なる美しさを教えてくれます。
桜の満開時期は僅か数日。雨や強風が吹いてしまえば、一晩で葉桜になってしまうこともあります。季節の変わり目のこの時期はなかなか晴れず、夜は薄雲が広がることが多く、夜桜に満天の星空に出会えたら、それこそ貴重なシャッターチャンス。カメラと三脚を持って、夜桜と月、夜空と明るい惑星や星たちを一緒に撮影してみましょう。

月が無い夜、ひとつの外灯に照らされる夜桜に明るい木星を入れて撮影。ソフトフィルターをレンズ前にセットし、木星の光芒を滲ませて明るさを強調すると、桜がやわらかくふんわりとした効果になり、幻想的な作品になりました。桜の色は外灯の種類によって変わりますので、好みの桜の色になるようにホワイトバランス設定を変えてみるとよいでしょう。

撮影時のポイント

  • 明るい昼間のうちに下見をして、絵になる桜を探す
  • 外灯の明かりに照らされる夜桜と明るい星や惑星を入れた構図
  • ソフトフィルターで明るい星や惑星の光芒を滲ませ存在感をより強調
  • ホワイトバランス設定を変えて好みの桜の色を決定
  • 三脚でしっかりカメラを固定し、リモートコードまたはリモートコントローラー(無い場合はセルフタイマー撮影で代用可能)を使用してブレを防止

撮影情報

撮影データ・使用機材

絞り値:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
焦点距離:70mm
絞り値:f/3.2
シャッタースピード:2秒
ホワイトバランス:白色蛍光灯
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 3200
その他使用機材:三脚、レンズフード、ソフトフィルター、リモートコードまたはリモートコントローラー

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

撮影・解説:八板 康麿

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

星空と灯台

このレシピを見る