Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

大胆な構図でインパクトのあるスナップスナップ

夏の暑さもひと段落し、スナップ撮影が楽しい時期になってきました。
普段見ている景色への目線を少し変えて、面白い写真に仕上げてみませんか。
ご近所でもよし、どこかへお出かけするもよし。いつもより大胆な構図で作品を撮ってみましょう。

お店の看板を切り撮った一枚。看板の文字は全部入れずにバッサリと切り取りました。
思い切って被写体の一部を切るとインパクトのある写真に仕上がります。
いつもの目線は置いておいて、色の配置や形の面白さに焦点を当てて撮影すると、普段とは全く違った印象の作品になります。
太陽がほぼ真上にあるタイミングに、順光の条件下で斜め45〜60度左の位置から撮影しました。

撮影時のポイント

  • 「良い」と思ったらあまり深く考えず、シャッターを押す。大胆な写真は大胆な気持ちで撮るのがコツ
  • ブルーの扉、壁のクリームイエローに葉っぱの影、文字の赤と、色の配置やバランスに配慮

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
焦点距離:35mm
絞り値:f/11
シャッタースピード:1/160秒
ホワイトバランス:オート2
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:ISO 100

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

色収差を効果的に軽減した開放絞りでの高解像力と、自然なボケ形状を両立させた、描写性能の高い大口径広角レンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

ブルーの扉の色と、強い光を浴びて落ちた影の配色を強調。より大胆に見せるため、構図は真正面から水平に気をつけて撮影しています。

壁に貼ってあるチラシの文字と壁のインパクトを焦点にして切り取っています。
ポップアートのようなイメージに仕上げました。

撮影・解説:西村 優子

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

澄んだ空気の中で秋祭りを撮る

このレシピを見る

ホワイトバランスで遊ぶスナップ写真

このレシピを見る

影をいかした夏スナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

古民家の趣

このレシピを見る

静謐な寺社を撮る

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る

湖面を彩る木々

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る