Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

夏の光スナップ

すだれの影に、赤い鼻緒の下駄が縁側の下の踏み石の上にポツンと置かれているという組み合わせ。何だか昔懐かしい日本の情景を思い出させてくれます。
鼻緒の赤に光が当たっているのがポイント。すだれの位置を考えながら切り取りました。

縁側に腰をおろして、見下ろす感じでカメラを手持ちし撮影しました。広角側のレンズでf/8まで絞り、全体にシャープなピントを狙っています。
やや逆光気味の条件下ですだれの影を強めに出しています。また光が当たっている所を強調するために、アンダー(-1.0)の露出補正をしました。

撮影時のポイント

  • すだれの分量と下駄の大きさのバランス
  • 赤い鼻緒に光が当たるタイミング
  • 手持ち撮影のため、カメラブレを防ぐためISO感度を800に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離:34mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/800秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

広角域から望遠域まで、幅広い画角範囲をカバーする、約5.8倍の高倍率標準ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

中望遠レンズのボケ効果をいかしての撮影。軒下に吊るされた風鈴がゆったりと動いていました。夏の爽やかさと光を強調したかったため、やや逆光気味の条件のなか、プラス補正(+0.7)で明るめに仕上げました。

露出補正についての情報はこちら

ミンミンゼミが光の中で力強く鳴いています。ゆっくり近づき望遠レンズで撮影しました。背景の木洩れ日の玉ボケが夏の光の強さを表現しています。絞りはf5.6の開け気味です。

絞り値についての情報はこちら

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ホワイトバランスで遊ぶスナップ写真

このレシピを見る

影をいかした夏スナップ

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る