Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ホワイトバランスで遊ぶスナップ写真スナップ

雨の日は、外出するのもなんとなくおっくうでカメラの出番も少なくなりがちではないですか?そんな時は、屋内や屋根のある場所で撮影を楽しみましょう。イメージに併せてホワイトバランスを変えて撮影してみるのもおもしろいものです。

南国リゾート地のレストランにて、天井の格子から落ちる影が、テーブルの模様のようになりとてもきれいだったので思わず足を止めました。「これから座って食事をするカップル」を想像して撮った一枚です。
オート以外のホワイトバランスで何パターンか撮影し、もっとも自分のイメージに近い季節感や時間を表現できる設定を選択しています。カメラ位置は自分の目線の高さです。

撮影時のポイント

  • 左上にテーブルや椅子の脚を入れる事で賑やかさや奥行き感を演出
  • 何を表現したいのかを決めて写真のストーリーを作る
  • ホワイトバランスの設定を変えることで写真の雰囲気を変える

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:32mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/250秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:ISO 100

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

FXフォーマット時、画角84°の広角域から望遠域までの画角範囲をカバーする5倍標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

青みを足すことで涼しさを表現。午前中に撮影したかのような写真に仕上げています。
ここではホワイトバランスの色温度設定を3700ケルビンに調整しましたが、この場合ホワイトバランスの「蛍光灯」で撮影しても青みがかった作品が撮影できます。

赤みを足すことで、懐かしい思い出の雰囲気を演出。夕方の情景も表現できています。
ここでもやはりホワイトバランスを調整しています。色温度設定は6250ケルビンにしました。ホワイトバランスの「曇天」などで撮影すると、やはり赤みがかった作品が撮影できますのでおためしください。

撮影・解説:西村 優子

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

影をいかした夏スナップ

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る