Nikon Imaging
Japan

夕暮れの街スナップ

日中の暑さが一段落してホッと一息つく夏の夕暮れ。庭や鉢木に水をやる頃には、街中の路地辺りもすっかり過ごしやすくなります。そんな昼から夜への「時間の変わり目」には独特な雰囲気と魅力を感じます。

石畳の続く路地にわずかな風が吹き、風鈴が思い出したように鳴っていました。スナップ写真なので手持ち撮影ですが、ISO感度を上げて手ブレしないよう注意しながら撮っています。

撮影時のポイント

  • 夕方の雰囲気を壊さぬよう、大幅にマイナス(-3.0)の露出補正
  • 風鈴にぐっと近づき接写をするため広角レンズ(20mm)を使用
  • 絞りを開け気味にし被写界深度を浅めに設定
  • 塀に沿ってやや左側にカメラを構える
  • 右奥に人が通るまで待ち「動き」の要素を追加
  • ISO1600まで上げ手ブレを防止

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
焦点距離:20mm
絞り値:f/3.2
シャッタースピード:1/800秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-3.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 1600

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

最新の光学設計で小型・軽量・高画質を実現した、高画素・FXフォーマットカメラの高い鮮鋭感が活きる大口径超広角レンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

店前にある氷の入ったタライに、飲み物が冷やされていて気になりました。
カメラの高さをできる限り低くし石畳を大きく入れた構図を狙っています。

路地によく似合う赤提灯の飲み屋さん。薄暗い青味の残る夕空と、提灯の赤のコントラストに惹かれて撮った1枚です。
やや赤味を増やすよう、ホワイトバランスを「曇天」にして撮影しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ホワイトバランスで遊ぶスナップ写真

このレシピを見る

影をいかした夏スナップ

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る