Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

秋一葉スナップ

1枚だけの落葉を見ていると、美しさとともに寂寥感のようなものも感じます。やがてくる白い冬の前の最後の輝きを狙ってみましょう。

やや濡れた幹に1枚の葉がくっついていました。手前にあった紅葉の間から覗くようにして撮影。前ボケを意識して変化をつけてみています。
林の中に弱い木漏れ日が差す状況の中、カメラは手持ちで撮りました。

撮影時のポイント

  • 中望遠レンズ(70mm)でのボケ効果
  • トンネル効果を狙い、主役を真ん中に配置
  • 絞りは開放気味(f/3.5)で浅い被写界深度に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:70mm
絞り値:f/3.5
シャッタースピード:1/125秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

逆光の中、大きめの落葉に光が差したタイミングで葉脈の美しさを狙います。やや広角気味(32mm)のレンズで、後ろの林や道の状態までぼんやりと見せました。絞り値はf/3.5です。

下草の中に数枚の葉だけが引っかかっていました。季節の移ろいを感じます。望遠レンズ(120mm)でのボケ効果を上手に利用。露出補正をマイナス気味(-0.7)にしてやや右側を広くした構図を考えました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

澄んだ空気の中で秋祭りを撮る

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

古民家の趣

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る

湖面を彩る木々

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る