Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

夜を彩るイルミネーションを残す風景

あちこちでイルミネーションが点灯されています。タイミングが夜となり、シャッタースピードが遅くなることから手ブレが不安なイルミネーション撮影も、デジタルカメラのISO感度を上げることで手持ちでもきれいに撮影が可能です。
ひと工夫することで、今までとちょっと違う雰囲気のイルミネーションにもなります。

温かみをだしたかったので、赤みのあるイルミネーションを被写体として選択しています。
単焦点の標準レンズは開放f値が明るくボケも大きくきれいにだすことができます。開放気味にして被写界深度をできるだけ浅くし、このレンズの特長を生かして撮影しました。

撮影時のポイント

  • 標準レンズを使い、絞りを開放気味にして背景のボケが大きく美しく出るように意識
  • 被写体には温かみの感じられるやや赤みがかった色のイルミネーションを選択
  • ISO感度を高めに設定し、手ブレしにくいように注意

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
焦点距離:50mm
絞り値:f/2.5
シャッタースピード:1/320秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

手軽にカメラボディーと一緒に持ち歩け、背景のボケを活かせる明るい単焦点レンズの魅力を、いつでも気軽に満喫できます。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

2カットの多重露光撮影でファンタジックな雰囲気を演出しました。望遠側でピントをはずして丸ボケを撮影し、そこに重ならないように広角側でピントを合わせたツリーを配置しています。

ピントをマニュアルで外し、一種の模様のような感じで捉えました。ピントの外し加減で丸ボケの大きさが変わります。いろいろな色が入るような撮影位置を選んでいます。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る