Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

色彩の変化に富む紅葉花・植物

自然の妙を感じる程の、赤や黄の紅葉は自然風景の中でも特に作品を作りやすい被写体だと思います。この美しさを写真で残してみませんか?

快晴の秋空の下、最盛期の紅葉です。赤と黄の紅葉が隣同士にあったので、それぞれの分量をいろいろ変えてみながら撮影しています。トップライトではなく、まだ午前中早めのやや斜光気味なタイミングを狙ってみました。

撮影時のポイント

  • コントラストを付けるため円偏光フィルターを使用
  • 赤と黄の紅葉の分量をどうするか何枚か撮ってみて判断
  • 絞り値はf/8まで絞り、全体のピントをシャープに

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
焦点距離:24mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/200秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 640
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

おすすめのアクセサリー
円偏光フィルターII 77mm

コントラストをつけるために活用

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

紅葉もいろいろな種類があります。葉の形の少し変わった紅葉を選んで、形が良くみえるように下側から見上げています。逆光になるため思い切った露出オーバー(+1.3)にして色を出しています。

露出補正についての情報はこちら

雨上がり、背景が暗くなるようなところにある紅葉を選んで、順光で撮影しました。水分が残っているため、色の具合も変化しています。暗めの背景ですから露出をマイナス補正して撮りました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

晩秋の落葉

このレシピを見る