Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影花・植物

夏の暑さも一段落してホッと一息つく頃、秋の日射しの中、あちこちで目につくのがススキでしょう。
光の具合や背景の選び方を工夫し、今までとは一味違った、ススキのある秋風景をおさめてみました。

たくさんのススキがあった中で、穂の垂れ具合の良いものを選んでいます。望遠で絞りは開け気味に撮影しています。ネコジャラシやクモの巣などキラキラ光る物は、背景が暗く逆光気味に映る場所を選ぶことでより光を強調するようにします。

撮影時のポイント

  • ススキの重なりがない部分を選ぶ
  • 逆光気味で穂が光る位置から狙う
  • 背景は玉ボケが出て、やや暗めのところにする
  • 露出補正をマイナス(-1.0)気味にして光の当たっているススキを強調

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
焦点距離:160mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/1250秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正: -1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材: 三脚(望遠ズームなので使用してブレないよう注意)

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

焦点距離80mmから400mmまでの広い望遠域をカバーする、5倍望遠ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

太陽がススキの穂のうしろにくるようにして強い光を加減しています。強い光が入るとフレアーやゴーストが出ることが多くなるためです。「街燈」を入れて変化をつけてみました。

日没後の淡いオレンジ色の雲の所にやや寂しげなススキを入れています。重なったり、沢山ススキを入れてしまうと狙った空気感や孤独感が感じられないため、注意しました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

色彩の変化に富む紅葉

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

晩秋の落葉

このレシピを見る