Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

オートフォーカス

フォーカスモード(ファインダーを使った撮影)

オートフォーカスは、シャッターボタンを半押ししたときに動作しますが、シャッターボタンを半押ししている間、そのままピント位置を固定するか、ピント合わせを続けるかを選ぶことができます。
この機能をフォーカスモードといいます。

シングルAFサーボ(AF-S)

「シングルAFサーボ」(AF-S)は、シャッターボタンを半押しして一度ピントを合わせると、半押ししている間、ピントを固定しておくモードです。

フォーカスロック撮影

ピントを固定することを「フォーカスロック」といい、フォーカスロックしたまま構図をずらして撮影することを「フォーカスロック撮影」といいます。
メインで写したい被写体をフォーカスポイントに重ねてピントを合わせ、そのあとで構図をずらせば、被写体がフォーカスポイントに重ならない場合でも、被写体にピントが合った写真を撮影することができます。

※イラストはイメージです

コンティニュアスAFサーボ(AF-C)

「コンティニュアスAFサーボ」(AF-C)はシャッターボタンを半押ししている間、ピント合わせを続けるモードです。
シャッターボタンを全押しするまでピント合わせを続けるため、動いている被写体などを撮影するのに適しています。

ピントを合わせ続けるAF-C

※イラストはイメージです
AF-Cモード

AF-Cモード

それぞれのフォーカスモードが適さないシーン

ピント位置を固定しておくAF-S

シャッターボタンを半押ししている間、合わせたピント位置を固定しておくため、カメラと被写体の距離が常に変わるシーンには適しません。

※イラストはイメージです
ピントが固定されたままシャッターボタンを押した場合

ピントが固定されたままシャッターボタンを押した場合

フォーカスをロックしないAF-C

AF-Cでピントを合わせたあとに構図を変更すると、フォーカスポイントに重なる被写体にピントを合わせ直すので、シャッターボタンの半押しによるフォーカスロックを使うことはできません。

※イラストはイメージです
AFサーボモード自動切り換え(AF-A)

AF-SとAF-Cのふたつの機能をカメラが切り換えるAFサーボモード自動切り換え(AF-A)モードを搭載するカメラもあります。AF-A モードは、シャッターボタンを半押しするとフォーカスポイントに重なる被写体にピントを合わせ、ピント位置をいったん固定します。その後、被写体が動き出し、カメラと被写体の距離が変わった場合には、自動的にAF-Cモードに変わり、被写体にピントを合わせ続けます。

※イラストはイメージです

カメラでの表示例

フォーカスモード

カメラのインフォ画面

カメラのインフォ画面

のように表示されます。