露出オーバー気味の撮影により、白とびが生じてしまったRAW画像の階調を補正したい

露出オーバー気味の撮影により、白とびが生じてしまったRAW画像の階調を補正したい

「露出補正」でマイナス補正を行って、ハイライトの階調を補正できます。この操作で画像全体が暗くなるので、「LCHエディター」で明るさを整えます。

Before
白い敷物、だるまの顔が白とびを起こしています。

After
白とびが抑えられ、階調が補正されました。

STEP1 : 画像を開いて白とびを確認します

画像を開き、ヒストグラムで画像の白とびを確認します。

わかりにくい場合は、「表示」メニューの「白とび表示」を選択します。

画像表示が変わり、白とびしている部分が表示されます。白とびを確認したら、再度「表示」メニューの「白とび表示」を選んで、表示に戻しておきます。

ヒストグラムの拡大表示

Capture NX 2では、ヒストグラムを拡大表示して見やすくすることができます。 「画像情報」パレットの右上のボタンをクリックすると、ヒストグラムの表示が大きくなります。 もう一度ボタンをクリックすると小さくなります。

ヒストグラムの見方

ヒストグラムでは、主に画像の輝度分布を確認します。グラフの左側はシャドー側の階調、右側はハイライト側の階調です。グラフの山の高さは、その階調に含まれるピクセルがどれだけあるかを示しています。一般的に、グラフの山が左寄りの場合は暗めの画像、山が右寄りの場合は明るめの画像になります。

STEP2 : 露出補正を行います

エディットリストのクィックフィックスから「露出補正」を選びます。

「露出補正」スライダーを左側に操作して、露出をマイナス補正します。ここではマイナス1段分の補正をしています。

露出をマイナスに補正するに伴って画像が暗くなります。STEP 1で確認した白とびしてしまった部分の階調が補正されます。

「表示」メニューの「白とび表示」を選んで白とびの状態を確認します。白とびの状態を確認したら、再度「白とび表示」のメニューを選んで元の表示に戻します。

STEP3 : 「LCHエディター」で明るさを整えます

「調整」メニューの「カラー」から「LCHエディター」を選びます。

「エディットリスト」に「LCHエディター」が追加されます。

図のように明度カーブを上に持ち上げると画像が明るくなります。白とびを起こさず、画像全体が適度な明るさになるように調整します。

「LCHエディター」で調整した分、画像が明るくなります。