Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

色かぶりしたJPEG、TIFF画像を補正して自然な色合いの画像にしたい

色かぶりしたJPEG、TIFF画像を補正して自然な色合いの画像にしたい

画像のなかにグレーや白の無彩色部分があれば、「ニュートラルコントロールポイント」を使って簡単に補正することができます。

  • RAW画像でもコントロールポイントを使って補正できますが、ここでは、JPEG画像を使った補正方法で説明します。

Before
青く色かぶりしてしまった画像です。

After
色かぶりが補正され、自然な色合いになりました。

STEP1 : 画像を開きます

青く色かぶりした画像です。これを自然な色合いに補正します。

STEP2 : 「ニュートラルコントロールポイント」で補正します

「ニュートラルコントロールポイント」をクリックします。

画像のなかで、もともと白やグレー(無彩色)であったはずの部分をクリックします。
クリックした位置に「ニュートラルコントロールポイント」が表示されます。

このとき「エディットリスト」の「調整」に「B/W/Nコントロールポイント」というステップが追加されます。また、「B/W/Nコントロールポイント」の下に「ニュートラルコントロールポイント」が表示されます。

詳細部分をクリックしますと直接入力のできる欄が表示されます。

「ニュートラルコントロールポイント」を移動すると色調が変化するので、一番自然な色になる位置までドラッグします。

「ニュートラルコントロールポイント」をドラッグします。

STEP3 : 「ニュートラルコントロールポイント」を追加します

補正の効果が十分でない場合は、「ニュートラルコントロールポイント」を追加することで、補正の精度を上げることができます。

再び「ニュートラルコントロールポイント」をクリックします。

さらに、もともと白やグレー(無彩色)であったはずの部分をクリックします。自然な色になるようにポイントの位置を調整します。

「エディットリスト」の「B/W/Nコントロールポイント」の下に「ニュートラルコントロールポイント2」が追加表示されます。

詳細部分をクリックしますと直接入力のできる欄が表示されます。

「ニュートラルコントロールポイント」は複数配置することができます

STEP 3のように「ニュートラルコントロールポイント」は、画像上にいくつでも配置することができます。複数の「ニュートラルコントロールポイント」を配置したときは、配置した「ニュートラルコントロールポイント」の補正値を平均化した結果が反映されます。

「ホワイトコントロールポイント」や「ブラックコントロールポイント」も試してみましょう

「ニュートラルコントロールポイント」でうまく補正されない場合は、「ホワイトコントロールポイント」や「ブラックコントロールポイント」を併用して補正してみることをお勧めします。

ホワイトバランスでの補正方法

画像データがRAW画像の場合はエディットリストの「現像」内の「カメラ設定」にある「ホワイトバランス」で色かぶりを補正することができます。ここでは2つの方法を紹介します。

「色温度の設定」

「ホワイトバランス」で「色温度の設定」を選ぶと、光源の種類の変更や、色温度の微調整を行って色かぶりを補正できます。

「グレーポイントの設定」

「ホワイトバランス」の「グレーポイントの設定」を使っても色かぶりを補正することができます。

「グレーポイントの設定」を選びます。

グレーポイントのサンプル値で「選択された画像中の1画素」か「選択範囲内の全画素の平均」を選びます。ここでは「選択された画像中の1画素」を選んでいます。

「開始」ボタンをクリックします。

画像なかの、もともと白やグレーであった部分をクリックすると、色かぶりが補正されます。
このときやり直す場合には、「リセット」ボタンをクリックしてから、再度「開始」ボタンをクリックしてやり直します。