Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ぼんやり(ねむい)した画像をメリハリのある画像にしたい(コントラストを強調したい)

ぼんやり(ねむい)した画像をメリハリのある画像にしたい(コントラストを強調したい)

Capture NX 2の「ブラックコントロールポイント」と「ホワイトコントロールポイント」で手軽に補正することができます。

Before
補正前の画像はコントラストが低くぼんやりしています。

After
補正後の画像です。全体にメリハリが出て、明瞭なイメージになります。

STEP1 : 画像を開いて確認します

ここで使用する「ブラックコントロールポイント」と「ホワイトコントロールポイント」は、特に図のようなねむい(コントラストの低い)画像に効果的です。

シャドー部とハイライト部を見つけやすくするには?

以降のステップでは、画像中のシャドー部とハイライト部を見つける必要があります。通常の表示で見つけにくい場合は、「2階調化」表示にすると画像表示が図のようになり、シャドー部(黒い表示)とハイライト部(白い表示)を見つけることができます。
なお、ハイライト部とシャドー部が見つけにくい場合は、「2階調化」にあるスライダーを動かすと見えてきます。

STEP2 : 「ブラックコントロールポイント」をシャドー部に置きます

「ブラックコントロールポイント」を選択します。

画像の最も暗い部分(シャドー部)に「ブラックコントロールポイント」を置きます。すると、画像の黒が締まります(黒が強くなります)。

ブラックコントロールポイントの調整

ブラックコントロールポイントは、スライダーを操作することでシャドーの締まり具合を調整できます。
同じ調整は「エディットリスト」の「調整」にあるブラックコントロールポイント内の「輝度」に数値を入力することでも可能です。
なお、ハイライト部とシャドー部が見つけにくい場合は、「2階調化」にあるスライダーを動かすと見えてきます。

STEP3 : 「ホワイトコントロールポイント」をハイライト部に置きます

「ホワイトコントロールポイント」を選択します。

画像の最も明るい部分(ハイライト部)に「ホワイトコントロールポイント」を置きます。すると、画像の明るさが回復して、メリハリのある画像になります。

ホワイトコントロールポイントの調整

「ブラックコントロールポイント」同様、「ホワイトコントロールポイント」も、スライダーを操作することでハイライトの調子を調整できます。「エディットリスト」の「調整」にあるホワイトコントロールポイント内の「輝度」に数値を入力することでも可能です。

STEP4 : 調整終了

調整が終わった状態です。「エディットリスト」には「B/W/Nコントロールポイント」というリストが追加されます。

コントロールポイントを置く位置に注意

「ブラックコントロールポイント」、および「ホワイトコントロールポイント」は、それぞれのポイントを置いた位置の明るさを強制的に黒(初期値の輝度は0)、または白(初期値の輝度は100)に設定するものです。そのため、ポイントを置く位置の明るさによっては、画像の明るさが極端に変化します。
適度な明るさにするためには、それぞれのポイントを適切なシャドー部、ハイライト部に置くことが重要です。画像を100%~200%程度に拡大して操作すると、より丁寧な操作が行えます。