Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

画像をL判サイズの縦横比で切り抜いて、L判で印刷したい

画像をL判サイズの縦横比で切り抜いて、L判で印刷したい

「クロップツール」を使って、画像をL判サイズの縦横比で切り抜き、L判サイズ対応のプリンターでL判サイズぴったりに印刷することができます。

STEP1 : 印刷したい画像を開きます

  • 印刷作業の前に、パソコンとプリンターの接続、および用紙がセットされていることを確認し、プリンターの電源を入れてください。

印刷したい画像を開きます。

STEP2 : 画像をL判サイズの縦横比で切り抜く設定をします

「クロップツール」をクリックします。

「クロップオプション」が開きます。「クロップの種類」プルダウンメニューから「縦横比優先」を選びます。

「縦横比」プルダウンメニューから「カスタム」を選びます。

「カスタム」の入力欄にL判サイズの値「127」と「89」(mm)を入力します。

STEP3 : 画像をL判サイズの縦横比で切り抜きます

「クロップツール」で切り抜きたい画像の範囲をドラッグします。

切り抜く範囲が決まったら、切り抜きエリア内でダブルクリックして切り抜きます。

画像がL判サイズの縦横比で切り抜かれます。

STEP4 : 「ファイル」メニューから「印刷」を選びます

「ファイル」メニューから「印刷」を選びます。

STEP5 : 「印刷レイアウト」画面で用紙サイズを設定します

「印刷レイアウト」画面が表示されます。

「画像の解像度を使用する」がチェックされていないことを確認します。

「ページ設定」ボタンをクリックします。

「ページ設定」画面が表示されます。

「サイズ」で用紙サイズを選びます。ここでは「L判(89×127 mm)」を選びます。

「OK」ボタンをクリックします。

「印刷レイアウト」画面に戻り、設定が反映されます。

指定した用紙サイズがここに反映されます。なお、ここに表示されているプリンターと、初期設定の用紙サイズで問題なければ、このは飛ばしてもかまいませんが、印刷ミスを防ぐ意味でも、念のために確認することをお勧めします。

使いたいプリンターが表示されなかった場合は?

プリンターが複数接続されているなど、「印刷レイアウト」画面や「ページ設定」で使いたいプリンターが最初に表示されないことがあります。その場合は、次の方法でプリンターを切り替えることができます。

「ページ設定」画面で「プリンタの設定」ボタンをクリックします。

次に現れる「ページ設定」画面で、「プリンタ名」をクリックし、使いたいプリンターをリストから選択します。

「OK」ボタンをクリックします。

STEP6 : 印刷の向きが異なる場合は、印刷方向を調整します

「余白が少なくなるように画像を回転させる」をチェックします。

横位置の画像が90度回転して、用紙の向きと一致します。

STEP7 : プリンターの最大印字範囲で印刷するかを確認します

プリンターの最大印字範囲で印刷したい場合は、「余白がでないように配置する」にチェックを入れます。ただし、画像の一部が切り取られた状態で印刷されます。画像の一部が切り取られたくない場合は、「余白がでないように配置する」のチェックを外してください。

STEP8 : 印刷します

印刷部数を確認します。

「印刷」ボタンをクリックして、印刷を実行します。

印刷実行中は「印刷進行中」画面が表示されます。

きれいに印刷するには

きれいに印刷するには、プリンターにセットしている用紙と、プリンターのプロパティ画面で設定されている用紙が同じであることが大事です。印刷する前に、用紙の種類が正しく設定されているか、確認することをお勧めします。