Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

複数のRAW画像(NEFファイル/NRWファイル)を一度にWeb用に画像サイズを小さくしたJPEG画像にしたい

画像編集テクニック

複数のRAW画像(NEFファイル/NRWファイル)を一度にWeb用に画像サイズを小さくしたJPEG画像にしたい

Capture NX 2のバッチ処理機能を使うと、複数のRAW画像に対して、一度にサイズ変更、JPEG変換・保存することができます。

STEP1 : 変換前のRAW画像をコピーしたフォルダと変換後のJPEG画像を保存するフォルダを作成します

RAW画像用、JPEG画像用のフォルダを作成します。フォルダ名には分かりやすい名前を付けてください。

「RAW画像」フォルダにはバッチ処理をするRAW画像をコピーします。

バッチ処理に備えて、あらかじめ変換したいRAW画像を入れておくフォルダと、変換後のJPEG画像を保存するフォルダを作成します。
バッチ処理はフォルダごとで行われます。
ここでは「RAW画像」と「JPEG画像」というフォルダを作成しています。
「RAW画像」フォルダには、変換したいRAW画像をコピーしておきます。

STEP2 : バッチ処理に適用する調整の内容を保存します

ここでは、幅が「320pixel」になるように画像サイズを設定します。







Capture NX 2を起動し、「RAW 画像」フォルダの中からバッチ処理を行う画像を1枚開きます。
「編集」メニューから「画像サイズ/画像解像度」を選びます。
「画像を再サンプルする」を選び、「幅」の欄に 「320」と入力し、「適用」ボタンをクリックします。
「バッチ」メニューから「調整の保存」を選びます。
「画像サイズ/画像解像度」にチェックが入っていることを確認します。
ファイル名を入力します。
保存先を確認して、「OK」ボタンをクリックします。

STEP3 :バッチ処理を設定し、実行します





「バッチ」メニューから「バッチ処理の実行」を選びます。
「バッチ処理」画面が開き、「バッチ処理」タブの画面が表示されます。
「元画像」欄の「参照」ボタンをクリックして、RAW画像を保存している「RAW画像」フォルダを選び、「OK」ボタンをクリックします。
「設定を適用」をチェックします。
「設定ファイルを使用する」を選びます。
参照から「STEP 2. バッチ処理に適用する調整の内容を保存します」で保存した設定ファイルを選び、「開く」をクリックします。
「ファイル形式を選択」のプルダウンメニューから「JPG」を選びます。
「保存先」の「フォルダを選択」をチェックします。
「保存先」欄の「参照」ボタンをクリックして、JPEG変換した画像の保存先を選びます。ここでは「JPEG画像」フォルダを選んでいます。
「バッチ処理画面」の「OK」ボタンをクリックして、JPEG変換を開始します。


JPEG形式で保存する場合の詳細設定

「ファイル形式を選択」にある「詳細設定」の三角マークをクリックすると()、保存オプションが表示されます()。
「JPG」形式で保存するときの初期設定は、「画質」が [標準圧縮]、「画質スライダー」が [60] です。
設定を変更しないでバッチ処理を実行する場合は、初期設定の画質で保存されます。
以前、バッチ処理を行った場合は、前回設定した画質で保存されます。


画質を変えたい場合は、バッチ処理を開始する前に、設定を変更してください。


なお、「画質」と「画質スライダー」は連動しています。

・「画質」:最高圧縮(最低画質)

→「画質スライダー」:0~29

・「画質」:高圧縮

→「画質スライダー」:30~59

・「画質」:標準圧縮

→「画質スライダー」:60~79

・「画質」:低圧縮

→「画質スライダー」:80~99

・「画質」:最低圧縮(最高画質)

→「画質スライダー」:100


「撮影時の状態に戻す」を選択した場合

「設定を適用」をチェックし、「撮影時の状態に戻す」を選択するとRAW(NEF/NRW)画像に対してCapture NX 2で行った処理を破棄し、撮影時の状態に戻します。

STEP4 : バッチ処理が始まります



バッチ処理の実行中は図のように「待機リスト-処理実行中」の画面が表示されます。下図ではコンパクトに表示されていますが()、「詳細表示」の三角マークをクリックすると、進行状況を確認できます()。

STEP5 : バッチ処理が終了したら、「待機リスト-処理実行中」画面を閉じます




バッチ処理が終了すると「現在のタスク」に「完了」と表示されます。
「×」ボタンをクリックして「待機リスト-処理実行中」画面を閉じます。

STEP6 : 作成されたJPEG画像を確認します




ワークスペースを「ブラウザー」に切り換えます。
「フォルダ」で、JPEG変換先のフォルダを選びます。
「ブラウザー」で、変換されたJPEG画像が保存されていることを確認します。