Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ウィンドウを使いやすいように並べかえて、その配置を保存したい

画像編集テクニック

ウィンドウを使いやすいように並べかえて、その配置を保存したい

ワークスペースの保存機能である「マイワークスペース」を使って、並べかえたウィンドウの配置を保存できます。

【写真】

STEP1 : 使いやすいようにウィンドウを並べかえます

ここでは画像を開いた直後の状態から配置を変更し、「マイワークスペース」への登録を行います。

「ナビゲーター」と「画像情報」のウィンドウを横にずらし、「エディットリスト」の表示領域を大きくしました。
  • 画像を開いた直後の状態です。
  • 使いやすいようにウィンドウを移動します。ここでは「ナビゲーター」と「画像情報」のウィンドウを左にずらして「エディットリスト」を最大限に大きく表示するようにしています。

「マイワークスペース」として保存できない設定について

下記の項目は、「マイワークスペース」として設定が保存されません。

  • [現像] セクションの「クイックフィックス」を閉じた状態
  • [現像] セクションの「カメラ設定」(RAW画像のみ表示)と「カメラとレンズの補正」を開いた状態
  • イメージウィンドウの表示倍率
  • イメージウィンドウの表示位置
  • 「ブラウザー」のサムネイルの大きさ
  • 「ブラウザー」で「サムネイル情報」にしたときの「ラベル」や「レーティング」などの項目の幅
  • 「メタデータ」の「ファイル/撮影情報」と「XMP/IPTC情報」の境界位置
  • 「メタデータ」の「ファイル/撮影情報」と「XMP/IPTC情報」を閉じた状態
  • 「画像情報」の「モニターポイント」を開いた状態
  • 「画像情報」の「ヒストグラム」を閉じた状態

ウィンドウの移動方法

ウィンドウを移動するには、ウィンドウの左、または右にある「グリップエッジ」という部分をマウスでドラッグします。


STEP2 : ウィンドウの配置を保存します






ウィンドウの並べかえが終わったら、「ワークスペース切り換え」ボタンをクリックし、「ワークスペースの保存」を選びます。
「ワークスペースの保存」画面で、任意の名前を入力します。ここでは「エディット2」としました。
「OK」ボタンをクリックして「ワークスペースの保存」画面を閉じます。
「ワークスペース切り換え」ボタンで「マイワークスペース」を選ぶと、保存した「エディット2」が登録されていることがわかります。
目的に合わせて、「マイワークスペース」を複数登録できます。


「ワークスペース」の操作方法

ワークスペース関連の操作は、「ウィンドウ」メニューの「ワークスペース」からも行うことができます。


STEP3 : 「マイワークスペース」の読み込み方法について

保存した「マイワークスペース」を使って、ウィンドウの配置を切り換えます。







作業中にウィンドウが散乱した状態です。
「ワークスペース切り換え」ボタンの「マイワークスペース」で保存してある「エディット2」を選びます。
「エディット2」として保存したウィンドウ配置に切り換わります。

STEP4 : 保存した「マイワークスペース」の削除方法について

「マイワークスペース」の削除は、「ワークスペースの管理」を選んでから行います。






「ワークスペース切り換え」ボタンをクリックして「ワークスペースの管理」を選びます。
「環境設定」の「ワークスペース」が表示されます。
削除したいマイワークスペースをクリックして選びます。
「削除」ボタンをクリックします。
指定した「マイワークスペース」が削除されます。
「OK」ボタンをクリックします。


「マイワークスペース」の切り換えにショートカットキーを利用する

「マイワークスペース」にショートカットキーを割り当てることで、ワークスペースを切り換えることができます。マウスではなくキーボードを使うので、ワークスペースを効率よく切り換えることができます。

「マイワークスペース」へショートカットキーを割り当てる方法
「ワークスペース切り換え」ボタンをクリックして「ワークスペースの管理」を選び、「環境設定」の「ワークスペース」を表示します。
「マイワークスペース」内の「ショートカット」欄のボタンをクリックし、表示されるメニューから割り当てたいショートカットキーをクリックして選びます。
「OK」ボタンをクリックします。

ショートカットキーのリセット方法
ショートカットキーを初期設定状態に戻すには、「ショートカットをリセット」ボタン()をクリックします。


  • 「Alt+1」「Alt+2」「Alt+3」(Macintoshの場合は「optionキー+1~3」)は、初期設定としてそれぞれ「ワークスペース切り換え」ボタンに表示されている、「ブラウザー」「メタデータ」「マルチ」に割り当てられています。
  • 「ブラウザー」「メタデータ」「マルチ」に割り当てられた初期設定のショートカットキーは変更することができます。
  • すでに割り当てられているショートカットキーを選ぶと、以前に割り当てられていた項目のショートカットキーは「なし」になります。