Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

「選択コントロールポイント」の「+」と「-」の使い方を知りたい

画像編集テクニック

「選択コントロールポイント」の「+」と「-」の使い方を知りたい

「選択コントロールポイント」(「+」と「-」)を使用して、画像の一部分をぼかす方法を説明します。





【写真】Before

【写真】After

Before
画像の右側の葉をぼかします。




After
「選択コントロールポイント」と「ぼかし(ガウス)」を併用して、画像右側の葉をぼかしました。






STEP1 : 画像を開きます

画像を開きます。
紫陽花の花より奥に写っている部分(右側の葉の部分)を「選択コントロールポイント」と「ぼかし(ガウス)」を使ってぼかします。


STEP2 : ぼかしたい葉を選択範囲にします(「+」の選択コントロールポイントを使用)












「+」の「選択コントロールポイント」をクリックします。
画像右側の背景に「+」の「選択コントロールポイント」を置きます。半透明の緑色で表示される部分が選択範囲になります。
エディットリストには「1.調整を選択」という新しいステップが作成され、「選択コントロールポイント」の設定が表示されます。
必要に応じて「選択コントロールポイント」の「サイズ」スライダーを左右にドラッグして範囲を調整します。
右側の背景全体が選択範囲になるように、「+」の「選択コントロールポイント」を置きます。ここではさらに3個の「選択コントロールポイント」を置きました。
「1.調整を選択」ステップに合計4個の「選択コントロールポイント」の設定が表示されます。


選択範囲を確認するには

「選択コントロールポイント」を置いた直後は、選択範囲が半透明の緑色で表示されます。
画像を調整すると、選択範囲は表示されなくなります。選択範囲を表示する方法は、下記のとおりです。
1. 「表示」メニューの「選択範囲の表示」、またはステップ内の「選択範囲」メニューをクリックする。
2. 「オーバーレイの表示」か「マスクの表示」を選ぶ。
・ 「オーバーレイの表示」では選択範囲は緑色で表示。
・ 「マスクの表示」では選択範囲は白、非選択範囲は黒で表示。





オーバーレイの色を変更するには

「選択範囲」で「オーバーレイの表示」を選んでいる場合の表示色は、初期設定では緑色です。緑色の多い画像などで選択範囲が見えにくい場合、「環境設定」の「表示」で別の色に変えることができます。

環境設定を開いて「表示」を選びます。
「選択範囲のオーバーレイ」のカラーをクリックします。
「カラーピッカー」が表示されたら、見やすい色をクリックして選択します。
「カラーピッカー」の「OK」ボタンをクリックします。
「環境設定」の「OK」ボタンをクリックします。
オーバーレイで表示される選択範囲の色が変わります。




STEP3 :「ぼかし(ガウス)」で、選択した葉をぼかします




エディットリストの「調整を選択」メニューをクリックし、「フォーカス」から「ぼかし(ガウス)」を選びます。このとき、選択範囲の表示が消えます。
ステップが「ぼかし(ガウス)」に変わったら、「半径」のスライダーを動かして、ぼかし効果の強さを調整します。ここでは「半径」を「10」としています。
「選択コントロールポイント」で指定された範囲がぼけます。

STEP4 :花への効果を弱めます(「-」の選択コントロールポイントを使用)

STEP 3.の操作によって、葉がぼけましたが、ぼかしたくない紫陽花の花の一部もぼけています。花への「ぼかし(ガウス)」の効果を弱めます。





エディットリストで「ぼかし(ガウス)」を選択した状態のまま、「-」の「選択コントロールポイント」を選択します。
ぼけてしまった紫陽花の花の部分に「-」の「選択コントロールポイント」を置きます。するとその部分の「ぼかし(ガウス)」の効果が弱まります。必要に応じて「サイズ」スライダーで効果を弱めたい範囲を調整します。
エディットリストの「1.ぼかし(ガウス)」のステップには、5個目の「選択コントロールポイント」の設定が追加されます。

以上で終了です。


「+」と「-」それぞれの「選択コントロールポイント」の使い分け

「選択コントロールポイント」には「+」と「-」があります。

・「+」は指定した範囲が選択範囲となります。
・「-」は指定した範囲以外が選択範囲となります。

以下は、どちらも「ぼかし(ガウス)」でぼかし効果を適用した例です。
「選択コントロールポイント」の「+」か「-」によって、効果は逆になります。

「ぼかし(ガウス)」を「+」の「選択コントロールポイント」で適用
「選択コントロールポイント」を中心とした範囲がぼけます。





「ぼかし(ガウス)」を「-」の「選択コントロールポイント」で適用
「選択コントロールポイント」の範囲以外がぼけます。