Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ピクチャーコントロール非搭載のデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像に、ピクチャーコントロールを適用したい

画像編集テクニック

ピクチャーコントロール非搭載のデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像に、ピクチャーコントロールを適用したい

ピクチャーコントロール非搭載のデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像であれば、D3やD300などに搭載されているピクチャーコントロールを適用できます。





【写真】Before

Before
ピクチャーコントロールの適用前。


【写真】After

After
ピクチャーコントロール「ビビッド」の適用後。






ピクチャーコントロールとは?

「ピクチャーコントロール」とはニコン独自の画(え)作りシステムのことです。
被写体の種類やシーンに応じてピクチャーコントロールの種類を使い分けることで、より最適な画(え)を生成します。
(参照:http://imaging.nikon.com/lineup/microsite/picturecontrol/jp/イメージ:ポップアップウィンドウ
D3やD300などには、カメラ本体にピクチャーコントロールが搭載されています。
ピクチャーコントロール非搭載のカメラでも、RAW画像であればCapture NX(1.3以降)でピクチャーコントロールの機能を適用させることができます。
また機種ごとで異なる「画(え)作り」を、ある程度まで統一することもできます。
COOLPIXで撮影した画像は、「ピクチャーコントロール」を選べません。

STEP1 :  画像を開きます



RAW画像(ピクチャーコントロール非搭載のデジタル一眼レフカメラで撮影)を開きます。
ここでは、D2Xで撮影したRAW画像を使用しています。

STEP2 :  「カメラ設定」を開き、「ピクチャーコントロール」を表示します





エディットリストの「現像」セクションにある「カメラ設定」の三角印をクリックして「カメラ設定」を開きます。
エディットリストをスクロールして「カメラ設定」内の「ピクチャーコントロール」を表示します。
このときは「ピクチャーコントロール不使用」と表示されています。


STEP3 : 「ピクチャーコントロール」を指定します









「ピクチャーコントロール不使用」をクリックして、メニューから「ピクチャーコントロール」を選びます。
「ピクチャーコントロール」のメニューを開くと、初期状態では「スタンダード」が選ばれています。
Aは「スタンダード」の画像です。
Bはの「ピクチャーコントロール」のメニューから「ビビッド」を選んだときの画像です。
Cはの「ピクチャーコントロール」のメニューから「ニュートラル」を選んだときの画像です。



ピクチャーコントロールの種類

ピクチャーコントロールには、おもに下記の4つがあります。

・スタンダード

輪郭の強さ、コントラスト、明るさ、色の濃さ、色合いに偏りのない、バランスの取れた画像になります。

・ニュートラル

被写体固有の豊かな階調や自然な色合いをより忠実に再現します。最も実物に近い色になります。

・ビビッド

被写体の輪郭やコントラストが「スタンダード」より強調された、メリハリのある、生き生きとした色鮮やかな画像になります。

・モノクローム

白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になります。

このほかに、D2XまたはD2XSに近い色合いを再現する「D2XMODE1」「D2XMODE2」「D2XMODE3」があります。


STEP4 : ピクチャーコントロールを「クイック調整」で調整します

「スタンダード」または「ビビッド」の場合、必要に応じて「ピクチャーコントロール」の「クイック調整」を使って、さらに調整します。



「クイック調整」が使えるモード

「クイック調整」が使えるのは、「スタンダード」「ビビッド」「D2XMODE1~3」だけです。
「ニュートラル」と「モノクローム」では「クイック調整」は使えません。
「ニュートラル」と「モノクローム」の場合は、後に述べる「詳細設定」を使います。




A「クイック調整」を「-2」とした画像。輪郭強調、コントラスト、色の濃さ(彩度)が弱まります。



B「クイック調整」を「2」とした画像。輪郭強調、コントラスト、色の濃さ(彩度)が強まります。



元に戻すには「リセット」ボタンをクリックします。


「スタンダード」か「ビビッド」を選択して、「クイック調整」のスライダーを操作します。
・調整幅は、「0」を基準として「-2、-1、0、1、2」の5段階です。
・「輪郭強調」「コントラスト」「色の濃さ(彩度)」が変化します。
・プラス側にすると効果が強調され、マイナス側にすると効果が弱まります。
Aは「スタンダード」でクイック調整を「-2」にしたものです。
Bは「スタンダード」でクイック調整を「2」にしたものです。
「クイック調整」を初期設定に戻すには「リセット」ボタンをクリックします。「クイック調整」の値は「0」になります。



さらに細かく調整するには?

さらに細かく調整するには、「詳細設定」の機能を利用します。
「詳細設定」の三角印をクリックすると次の5つの項目が表示されます。
・ モノクローム:「輪郭強調」、「コントラスト」、「明るさ」、「フィルター効果」、「調色」
・ モノクローム以外:「輪郭強調」、「コントラスト」、「明るさ」、「色の濃さ(彩度)」、「色合い(色相)」
これらの項目を個別に調整して、イメージに合った画像に仕上げることができます。
「詳細設定」を初期設定に戻すには「リセット」ボタンをクリックします。