Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ザ・ワークス Vol.53 AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

開放絞りで無限遠の点光源を「点」に写す高い点像再現性。人物や静物の佇まいを魅力的に描きだす綿密に計算されたボケ味。相反する特性の両立を果たした独創的な描写が提示する新たな写真表現で、レンズ交換の「愉しさ」を実感していただける極めて個性的なAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの魅力と、それを実現した設計思想、大きな思いを開発担当者に伺いました。

佐藤 治夫(さとう・はるお)

映像カンパニー 開発本部 第二設計部 第二設計課 主幹

ノクト・ニッコールを超える、絞り開放で周辺部まで「点が点に写る」レンズ

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G の設計思想をお聞かせください。

佐藤 AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G の設計にあたっては、大きく二つの思いを込めています。その一つは、かつて「点が点に写るレンズ」として高い評価をいただいた、ノクト・ニッコールの設計思想を発展させ、ノクト・ニッコール以上に高い解像力を持ちながら、点光源を「ゆがみ」や「にじみ」のない点として描写するということです。
具体的には、遠景に対して鮮鋭感やコントラスト、解像力を大幅に上げてあります。ノクト・ニッコールをはるかにしのぐ、開放F 値が1.4 のレンズとは思えないほどの高い鮮鋭感を持っています。そして、単に鮮鋭感が高いというだけではなく、広い範囲でサジタルコマフレアを効果的に抑えているので、点光源が点に写る度合いもノクト・ニッコールよりさらに進化しており、画面周辺まで「点光源が点に写り」ます。それだけでなく、画面の端に写っているものも、引きつれたり変形したりしません。木の枝が本物の木の枝に見え、車のボンネットやバックミラーも本物の車の一部に見えて、ミニカーが置いてあるような画にはならない。そういう気持ち良い描写をします。しかも、絞りをf/2.8 やf/4、f/5.6に絞った時だけでなく、f/1.4 の開放からそういう画が撮れる。これはぜひ体感していただきたいと思います。

「三次元的ハイファイ(高再現性)」というNIKKORの設計思想

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G に込めた、もう一つの大きな思いというのは何でしょうか。

それは、三次元の被写体を、写真という二次元のフィールドに、より自然な三次元の像として再現するという設計思想です。
三次元の被写体の奥行きをより自然でなめらかに再現するレンズを、ニコンでは、「三次元的ハイファイなレンズ」と呼んでいます。それは、単にピントが合っている部分の解像力やコントラストを引き上げるのではなく、ピントが合っているところから、ぼけかけたところ、完全にぼけたところまでの連続性を重視し、立体感の向上を図っているレンズです。
これまで写真レンズは、奥行きのある被写体を二次元の画像の中に押しつぶし、MTF や解像力、コントラストにばかり注目されてきました。ピントが合っているところでこういった要素を評価するのは非常にわかりやすいですし、確かにそれらを改善することで、写真レンズはどんどん良くなってきました。しかし、それだけでいいのだろうか?もともと三次元の被写体は、二次元の写真の上でも三次元的に評価すべきではないのか?という疑問を、ニコンは常に抱き続けてきました。
写真上で被写体の奥行きをより自然に再現するレンズにするには、前景、ピント面、背景といった平面ごとの解像感やボケの大きさを断片的に評価するのではなく、手前のボケからピント面を通り、奥のボケにつながる一連の変化を連続的に評価する必要があります。もちろん隙間なく評価することはできませんが、連続的な変化を高密度に評価していくと、写真レンズが変わるのではないか。そうした思いを込めて、このレンズは、近距離の解像感の上げ方をよりなだらかにし、急激に大きくぼけないように収差のバランスを取っています。その結果、ピント面は高い鮮鋭感を保ちながら、そこから前後に遠ざかるにつれてボケがなだらかに変化していく、言わば独自の「味」を実現しており、自然な奥行き感のある描写を可能にしています。
至近付近のなだらかなボケ量の変化は、ポートレートはもちろんのこと、奥行きのある静物の撮影にも向いています。0.58 m という最短撮影距離からしても、料理はいいかもしれません。また、火の灯ったローソクと石像のある教会や、障子や襖、仏像のある仏閣など、薄暗い雰囲気の中に、細部を克明に再現したい被写体があるというシーンも良いかもしれません。主要被写体を浮き立つような存在感で描写するのではなく、周りと同化しているけれどとても心地いいという雰囲気を描写するのに向いているでしょう。

● レンズ:AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
● カメラボディー:D800
● 画質モード:14 ビットRAW(NEF)
● 撮影モード:マニュアル、1/15 秒、f/2.8
● ホワイトバランス:オート1
● ISO 感度:100
● ピクチャーコントロール:スタンダード

詳細情報の表示:
ONOFF