Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! 女優・いとうあいこさん


バックナンバー
女優・いとうあいこさん

女優

いとうあいこさん

数々のドラマや映画、舞台などで活躍する女優・いとうあいこさん。京都が大好きな彼女の被写体は、もっぱら京都の風景だという。写真は自分の内面を写すバロメーターだと語り、写真による自己分析の結果もお話いただいた。さらなる成長を望み、夢を広げているいとうさんの写真トークをたっぷりお楽しみください。

プロフィール

いとうあいこ。1980年、神奈川県生まれ。1999年にCMでデビューし、その後多くのドラマやCM、また映画や舞台などで活躍している。
主な出演作に、ドラマ「爆竜戦隊アバレンジャー」(テレビ朝日系)「GO!GO!HEAVEN!」(テレビ東京系)「貞操問題」「スイーツドリーム」(TBS系)「趣味悠々 ~デジタル一眼レフ 風景撮影術入門~」「サラリーマンNEOシーズン2」(NHK)。
映画「爆竜戦隊アバレンジャーDELUXE」(諸田敏監督)「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄妹」(小中和哉監督)「伊賀の乱~拘束~」(千葉誠治監督)など。
舞台に「ニューヨーク青春物語~アランとバディ~」(竹邑類演出)「MIKOSHI~美しい故郷へ~」(高橋いさを演出)「座頭市」(三池崇史演出)など。
舞台「夕~ゆう~」(サタケミキオ演出)が6月18日~7月13日/新宿シアターサンモールで、7月19日~27日/大阪そごう劇場で公演予定。映画「ハッピーフライト」(矢口史靖監督)が秋公開予定。

Beginning 出会い

旅行のおともに買ったカメラ 水没させた苦い思い出も……

写真を始められたきっかけを教えてください。

4~5年前にすごくきれいな景色に出会ったんです。特に色の美しさに感動して、そのときに「これは写真に撮らなきゃ!」と強く思い、意識し出したのがきっかけです。そのあとちょうど旅行へ行く予定があったので、いい機会だと思ってコンパクトのデジタルカメラを買いました。

その旅行ではいい写真が撮れましたか?

いえ、旅先が広島の厳島神社だったんですが、干潟にカメラを落としてしまったんです! まだ3枚くらいしか撮っていなかったんですが、カメラがダメになってしまって……。とても思い出深い旅行になりました(笑)。そういったこともあったので、今も水にはすごく気をつけています!

普段はどんな写真を撮られるのですか?

空や夕陽、朝日が好きなので、太陽が上る時間帯や沈む時間帯の光を浴びた風景をよく撮ります。あと、日常以外のものに惹かれるので、旅先などお仕事で海外へ行った際に撮ることが多いですね。特に私は京都が大好きで、京都旅行が趣味なんです。京都の写真はとても多いですね。

京都のどういったところが好きですか?

もともとお寺や神社、お城など日本の歴史ある建物が好きだったんです。高校生の頃、父親の持っていた織田信長の漫画を読んだのがきっかけで、歴史の面白さや地名やお寺の名前などに興味を持つようになったんです。京都を巡る前はお城巡りをしていたくらい。そういったベースはあったんですが、京都に行くようになった一番のきっかけは、以前ロンドンへ行ったときのことです。イギリス人の方とお友だちになって、お互いの国のことを話していたんですが、私は日本のことをちゃんと説明できなかったんです。それで、もっと日本を知ろうと思うようになり、日本文化がたくさん残っている京都に興味を持ちました。日本の文化も体感できるし、歴史ある建物や場所が多いので奥が深く、行きだしたら夢中になってしまいましたね。京都の空気も私に合っている気がするんです。

いとうさんの京都の歩き方をぜひ教えてください。

とにかく早起きします! 人気の観光地だけに、午後は人であふれるので、たとえばお寺へ行くとしたら一番乗りを目指して行動します。混んでいるお寺も好きなんですが、人がいないと自分の好きなように感じられるというか、お寺と私だけの世界を楽しめていいですね。

京都ではどういった風景を撮られるのですか?

町並みやお寺や神社、それに京都を家族旅行している親子の風景など、物語性のある景色にも出会うのでそういった一場面を撮ることも多いです。お父さんがお子さんに「このお寺はこういう歴史があってね……」と話していたことなどが写真を見返すと蘇ってきて、とても癒されるんです(笑)。 あと、京都へは1年に何回か行くのでその度に季節が変わっているんですね。同じ場所へ行っても、景色が違うので移り変わりを写真に収めるのも楽しみのひとつです 。