Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! 女優・入山法子さん


バックナンバー
女優・入山法子さん

女優

入山法子さん

落ちついた雰囲気と“パっ”とまわりを明るくするような笑顔が印象的な女優・入山法子さん。ドラマや話題のCMでも活躍中の彼女は、この春大学を卒業したばかり。写真部として活動していた大学生の頃は、撮るだけではなく、写真展で展示することの面白さも経験したと話す。入山さんの愛情ある写真への思いをお伝えします。

プロフィール

いりやまのりこ。1985年、埼玉県生まれ。2004年、「週刊朝日」表紙でモデルデビューし、2006年より本格 的に女優としての活動を始める。独特な存在感と笑顔、やわらかな雰囲気が性別年代を超え、幅広い層に支持されている。
主なドラマに「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(日本テレビ系)「ハケンの品格」(日本テレビ系)「ジョシデカ!ー女子刑事ー」(TBS系)「貧乏男子ボンビーメン」(日本テレビ系)「土曜時代劇オトコマエ!」(NHK)など。
その他、ヤマザキ「ランチパック」のCM出演やバンダイナムコゲームスNINTENDO DSソフト「99のなみだ」のイメージキャラクターとしても活躍している。
出演映画「ネコナデ」(大森美香監督)が6月末から渋谷Q-AXシネマ他、全国の劇場で上映予定。

Beginning 出会い

憧れだった 父のカメラ

写真を撮り始めたのはいつ頃からですか?

高校生の頃に父親からフィルムの一眼レフカメラを譲ってもらい、それから本格的に撮り始めました。小さい頃からずっと父のカメラがかっこいいなと思っていて、それを伝えていたら「じゃあ使ってみれば」と言ってくれたんです。ニコンのUでした。

一眼レフカメラの使い方はお父さんから教えてもらったのですか?

いえ、基本的にオートで撮るので、操作が難しいということはなかったんです。すごくたまに「この被写体をこう撮るとどうなるのかな?」と冒険心を出してマニュアルに設定して撮ってみたりするくらいですね。

その頃は何を撮られていたのですか?

学校のない休日に風景を撮りに行っていました。ときどきモノクロで撮ったり、いろいろ試しながら。たまに学校へもカメラを持って行って友達を撮ることもありました。

学校で友達を撮るとなると何だかとても楽しそうな情景が浮かびます。みなさん「撮って!撮って!」という感じだったのではないですか?

「撮るよー!」といった記念写真的な感じではなくて、友達を撮るときはだいたい静かに気づかれないようにシャッターを押していました(笑)。だから後から「え、いつ撮ったの?」って驚かれることが多かったですね。友達の自然な感じを撮りたかったんです。

モノクロでの撮影はいかがでしたか?

モノクロで撮るのはすごく好きです。見慣れた日常風景もかっこよく見えて、撮り始めた頃は結構夢中になりました。大学で写真部に入ったんですが、その頃もずっとモノクロで撮っていました。

写真部に入ろうと思ったのはもっと写真を学びたいと思ったからですか?

はい。それに高校生の頃は撮ったものがどんどん溜まっていくだけという感じだったので、自分の撮った写真を誰かに見てもらいたいという気持ちがありました。写真部に入れば学園祭で展示したり、ギャラリーを借りた写真展をすると聞いたので、それで入部したいなと思いました。

写真部の活動はどういったものだったのですか?

完全に個人活動でしたね。それぞれで撮って、プリントして、展示が近づいてくると集まるといった感じです(笑)。集まるといっても4人くらいだったんですけどね。こぢんまりと楽しんでいました。

みんなでとりあえず集まって、わいわいしようみたいな感じの雰囲気ではなかったのですね。

そうですね。たまにみんなで遊び半分で一緒にプリントしたり、撮影に行ったりもしましたが、基本的な活動は各々でした。