Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! タレント・森下千里さん


バックナンバー
タレント・森下千里さん

タレント

森下千里さん

グラビア界では他と一線を画す自身のスタイルを確立し、絶大な人気を誇っているタレント・森下千里さん。テレビでの活躍も幅広く、出演番組は多岐にわたっている。実は写真に写ることが嫌い!?という驚きの発言もまじえつつ、森下さんの写真に対する熱い思いを存分に語っていただきました。今回は撮られる側からの視点でもたくさんお話いただいたので、女性を撮る機会のある方はとくに必見!

プロフィール

もりした・ちさと。1981年愛知県生まれ。グラビアアイドルとして活躍する他、バラエティ番組、ドラマ、映画、舞台出演など幅広く活動し、マルチな才能を発揮している。
主な出演作に、バラエティ番組「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)「特命リサーチ」(日本テレビ系)「シャル・ウィ・ダンス?」(日本テレビ系)など。ドラマ「仮面ライダー龍騎」(テレビ朝日系)など。舞台、志村けん一座「志村魂2」など。
また、「パルコ2003水着キャンペーンポスター」などでも活躍。
現在の出演中の番組「ロンドンハーツ」(テレビ朝日/毎週火曜日21時~21時54分/準レギュラー出演中)「熱闘!ゴルフ向上委員会」(テレビ東京/毎週土曜日11時~11時30分/レギュラー出演中)「TA☆RO」(中京テレビ/毎週金曜日24時50~25時20分/レギュラー出演中)。

Beginning 出会い

撮る専門! カメラから逃げ回っていた学生時代

今回S200を使って撮影していただいたのですが、使い心地はいかがでしたか?

液晶画面も大きいし、手ぶれ補正もついているのでとても使いやすかったです。あと、 小さいのでポケット入れられるのがいいですね。カメラって持ち歩いていても、鞄の底に入っていたら意味がないと思うんです。鞄を探っている間にシャッターチャンスって逃げていってしまうので。そういった意味でも、ポケットに入れていて撮りたいときにすぐ撮れるというところが嬉しいですね。

ありがとうございます。写真をはじめたのはいつ頃だったのですか?

自分のカメラを持ったのが5年前ですね。ちょうどデジタルカメラが一般的に普及して来た頃に、私も気軽に撮影を楽しみたいなと思ってコンパクトのデジタルカメラを買いました。

写真に興味を持たれたのは、やはりお仕事で接する機会が多いからでしょうか?

いえ、写真を撮ること自体は昔から好きで、学生時代からレンズ付きフィルムで撮影を楽しんでいました。とにかくシャッターを押すのが楽しかったですね。友達を撮った写真は本当にたくさんあります。見返すと意味のない写真も相当出てきますけど(笑)。昔から私は完全に撮る側の人間で、自分が撮られることに関しては逆にとても苦手で嫌だったんです。

撮られるのが嫌いなんですか?森下さんはグラビアのお仕事もたくさんされていると思うのですが。

はい(笑)。なんで自分が撮られる側にいるのか不思議なくらいです。同級生に「なんでその仕事にしたの?写真嫌いじゃなかったっけ?」って聞かれるくらいです。学生の頃は写真を撮られる状況になると、写らないように逃げたり、写ったとしてもしかめっつらでした。それくらい写真に写ることが嫌だったんです。たとえば、修学旅行にはフォトグラファーさんがみんなのスナップ写真を撮るために同行してくれますよね。でも「写真撮りますよー」って言われると逃げ回ったり、人の影に隠れたりしてました。卒業アルバム用の写真を撮るときは私があまりにも笑わないので、フォトグラファーさんが困ってしまって、ぬいぐるみを持って来て笑わせようとしたり。でも逆にますます笑えなくなってしまったなんて思い出があります。

学生時代の写真を見返すと、みんな仏頂面で写ってしまっているわけですね。

そうなんです。どの写真もほとんどが不機嫌そうな顔で写っているんです。だから、その頃の写真を誰かに見せると、「昔は悪かったんでしょ」なんて誤解をされることも多々ありますね(笑)。